当社の家づくり

高断熱・高気密

温度差のない家になる

セルロース断熱で大切な住まいと
家族を守る家づくり

セルロース断熱とは、パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた細かな紙片状の断熱材を、専用の装置を使って壁の中や屋根裏などに施工するものです。中でも、ミシガン州に本社を持つアップルゲート・インシュレーション社のセルロース断熱は、普及しているアメリカで最高の断熱材として認められており、建築専門家の間でも高く評価されています。


Applegate Insulation

施工は、優れた技術士と、独自の機械によってのみ可能です

アップルゲートセルロース断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中に通過させ、風圧をかけて壁に吹付けるウォール・スプレーという工法を採用。小さな隙間や手の届かない小さな空間も埋めることができます。
吹込み工法とは違い、吹付け面および両側の間柱で固定されるため、
セルロース断熱材が自重でずり落ちる心配がありません。

断熱
性能

断熱の役割は、住宅の温度変化をできるだけ小さくすることです。アップルゲートセルロース
断熱は、「伝導」「対流」「輻射」による熱の移動を効果的に阻止します。

防火
性能

独自の耐火加工と高密度施工で燃えにくい断熱層をつくります。防虫・防カビ用として使われ
るホウ酸にも防火作用はありますが、ホウ酸に加え米国特許のPF24という人体に無害な液体
耐火材をしようしています。防耐火性能はJIS A 1321に規定する難燃3級表面防火試験に合格、
又、省令準耐火1時間の認定を受けています。

防音
性能

吸音性の良いセルロースを吹付け工法によって隙間なく施工することで、非常に優れた防音性
能を発揮します。

結露
防止

木の繊維であるセルロースには湿気を吸放出する性質があり、そのセルロースを隙間なく高密
度で施工しますから、湿気の流動を抑え結露を防止します。また、ホウ酸が添加されています
ので、防カビ・防虫の効果もあります。

健康
素材

セルロース断熱材は2003年7月1日施工の「改正建築基準法に基づくシックハウス対策」で
「ホルムアルデヒド発散建築材料」として使用を規制されている建材ではありません。また、
(財)建材試験センターで実施した「有害化学物質放出量測定」でも安全性が確認されています。

エコ
建材

アップルゲートのセルロース断熱は、省エネルギーと環境保護に寄与するとして、米国環境保
護局のエネルギー・スターの承認を得ています。

ウォール・スプレーが理想の断熱を生みだします

建物には建築上避けられない空間(配線・配管のまわりなど)ができますが、それらの小さな隙間にも断熱材を入れないと、その断熱材が持つ本来の性能を100%発揮することはできません。アップルゲート セルロース断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中を通過させ、風圧をかけて壁に吹付けるウォール・スプレー という工法を採用。小さな隙間や手の届かない小さな空間も埋めることができます。吹込み工法と違い、吹付け面および両側の間柱で固定されるため、セルロース断熱材が自重でずり落ちる心配がありません。1980年代にアメリカで開発され、技術・機械ともに向上した現在では、最も信頼性の高い理想の壁断熱工法と言うことができます。

良質な素材を使うから、ウォール・スプレーを実現できます

材料には、米国新聞紙を使用。完全な形状のセルロースをたっぷり含んだ断熱材に風圧をかけながら霧の中を通過させることにより、セルロースが互いに絡み合い、接着剤が活性化されます。吹付け後は自然乾燥によって断熱層がしっかり固定されます。日本の新聞紙などのようにセルロース分が少なく、セルロースが断裁されている材料では、アップルゲートセルロース断熱のようにウォール・スプレーはできません。良質な素材だからこそ、高品質の断熱材をつくるこができ、優れた断熱施工ができるのです。

主原料 米国新聞紙 米国新聞紙のみを用い、断熱材中のセルロース残存率が80%以上です。
セルロース含有率の少ない電話帳や低品質の古紙は一切使いません。
添加物 ホウ酸 乾性防火材、防虫効果
PF24(米国特許) 液体耐火材、防塵効果
澱粉 接着剤

火災保険料がお得になるチャンスです

「セルロース断熱の家」は、省令準耐火建物となるため木造住宅でありながら優級構造であるT構造になります。
一定の条件により、火災保険料が安くなります。

24時間全熱交換機で
気持ちの良い家づくり

澄家ECO-super換気システム
提案するのは、見えない「熱」と「空気」です。

家庭から出す汚れた空気から、暖かさや、冷たさといった熱エネルギーを取り出し、その熱エネルギーを新しく取り入れる空気に加えます。こうすることにより、外気温による室内の温度変化を抑え、余計なエネルギーがかからなくなります。夏には温度差の交換で、蒸し暑さを防止し室内空気がサラリとしてエアコンは温度調整が軽減でき省エネにつながります。冬は温度差の交換で過乾燥防止になり、室内空気が適度にしっとりとして暖房温度が低く設定できるので、省エネにつながります。