新着情報

記事詳細

2018.7.14

【漆喰】 塗り壁である理由 vol,1

営業の 勝 です

AJF HOME  内・外壁 オール漆喰 塗り壁 の 家づくり!

~ スペイン漆喰 エスタコウォール ~

本物の漆喰の持つ、〝 圧倒的質感や意匠性 〟はもちろん、

塗り壁である理由は多々あります、

今回は塗り壁の持つ吸放出性能について…

吸放出性能というと難しく聞こえますが、要は住宅の【壁と断熱材】が呼吸できる素材や構造であるかどうかです

 

先ず、外壁 漆喰塗り壁について、

壁が呼吸することによって、住宅の一番の敵である

〝 湿度 〟※ 内部の柱や土台を劣化(カビ・コケ・腐り・シロアリの原因…)

の対策となります

もちろん壁が呼吸するだけで良いのではなく、夏場 外部からの多湿な空気の対策には、断熱材や防水シート(ウェザーラップ等)の性能と選択が不可欠です

特に高温多湿な九州の「家づくり!」において、湿度対策は不可欠な要素だと考えます

本物の 漆喰塗り壁 が持つ多孔質な構造は、壁自体が夏は熱くなりにくく、冬は冷たくなりにくい性質を持つことでも、本物の高性能住宅に適した素材だと考えます

 

次に、内壁 漆喰塗り壁について、

呼吸する…」ことで、夏場は多湿な室内空間から湿度を吸い、

冬場は乾燥した室内空間(女性の方が敏感ですが…)に、湿度を放出することで、年間を通して程度な湿度を自然に保ってくれます

また、鳥インフルエンザ流行時等に、車両通り道や現場にて薬剤として散布されることからも有名ですが、本物の漆喰は〝殺菌作用(空気浄化)〟に優れています

次回は、なぜ湿度が住宅劣化の原因となるのか…

キーワードは、『 夏の逆転結露 』です!