新着情報

記事詳細

2018.8.7

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,4

営業の 勝 伊智郎 です!

一般的に「塗り壁は割れる…」と言われてます

たしかに、割れない塗り壁はありませんし

たまに営業の方の言う、

「うちの塗り壁は割れません..」は、正直「んっ?」と思ってしまいます

ただ、割れにくい塗り壁材!割れにくい施工方法!はあります

そして、塗り壁の素材そのものはもちろん大事なんですが、

仕上げで隠れてしまう、下地の作り方が重要です

専門的な話しになってしまいますが、

① プラスターボードボードの貼り方!割り方!

② ボードを止めるビスのピッチ!

③ 継ぎ手や入角、コーナーの処理!

これだけではないのですが、見えなくても下地作りが重要なのです

特に職人さん達は下地作りの際から、キワの処理に気を使ってます

「汚れない・割れない塗り壁はない!」

とは言いましたが、塗り壁のもう一つの特徴として、

「 汚れや割れ・ヒビの補修が簡単!」

先ず、室内の汚れ!

室内の汚れでよく目にするのは、

① 電気スイッチ周りの手あか…

② お子さんが小さいうちは、壁にズ~ど引きずった指の跡..

などがありがちですが、大概の汚れは、

「 消しゴム 」で対応できます!

消しゴムでゴシゴシしてもらうだけです

次に、ひび割れやピンの穴!

これも簡単で、少量の漆喰の粉と水を混ぜてもらいます、イメージは紙粘土を作る感じです

これを、ひび割れやピン穴に練り込むだけの、簡単作業です

乾燥すると全く分からなくなります

自分たちでやってみると意外と楽しいモンです!

では次回、

塗り壁もいろいろある中で、

漆喰!珪藻土!ゼオライト!etc…

それぞれの違いと特性について…