新着情報

記事詳細

2018.8.27

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,6

営業の 勝 伊智郎 です!

そもそも、漆喰の主原料は「石灰石」

「石灰石」を 高温で焼いたあと細かく粉砕すると「消石灰」が 出来ます(運動場のラインや鳥インフルエンザ 等の伝染病予防対策に撒く 白い粉)

日本では その「消石灰」に 布海苔やスサ等を 混ぜたものが漆喰

スペイン漆喰 エスタコウォール は、ヨーロッパの大地の「石灰石」→「消石灰」に 骨材として「大理石」加えて製造します

まさに身体にやさしく、子供たちにも安全な、本物の自然素材そのもの

ヨーロッパで古くから現在まで広く使われてきた 歴史ある 伝統の西洋漆喰なのです

スペイン漆喰エスタコウォールの代表的な特性が次の3点です

1.吸放湿性能

多孔質な エスタコウォール は 吸放湿性能がとても高く、室内の湿気を、湿度の高い夏には吸収!室内が乾燥する冬場には放湿 して、自然に快適な湿度を保ってくれます

しっかりと 「塗り厚(室内 3mm以上)のあるエスタコウォール」では、例えば お風呂上がりに 薄いタオルで体を拭くのと、分厚いタオルで拭くのを比べるかのような違いが出てくるのです

この事から 高温多湿な日本の気候風土に 大変適した塗り壁材 なのです

2.放蓄熱性

エスタコウォール」の多孔質構は、

壁が熱くなり過ぎず、真夏でも外壁が素手で触れます

又、逆に真冬のように大気温度が低い場合は蓄熱します。室内壁に使用した場合、冬場の室内温度を 暖かく保ちます

これは「エスタコウォールの多孔質構造」が 空気の層を作ることで 蓄熱すると思われます

夏は涼しく 冬は暖かい☆省エネ効果 環境にやさしい壁と言えます

3.耐久性能・汚れにくさ・自浄作用

自然素材の「エスタコウォール」は静電気を発生させない為、空気中の汚れやホコリを吸着する事が少ない性質を持っています

たとえ 汚れても 雨水等による自己浄化作用 で汚れの落ちやすさも大きな特性だし、

年月を経て、空気中の二酸化炭素と化学反応し 徐々に硬化し 石化、80~100年かけて 石灰石に戻ると 言われていますつまり、劣化することなく 年々時間と共に割れにくく、耐久性が増していく 塗り壁材なのです

いいことばかり綴りましたが、やっぱり壁材としては最も高価な材料の一つです

ですが、地域の気候風土にあった「いい家づくり!」を追求すると、やっぱり調湿作用のある塗り壁材

スペイン漆喰 エスタコウォール が、高温多湿な日本おいて最適だと考えます!