新着情報

記事詳細

2019.3.5

わたしたちが魅せられた断熱材「セルロース断熱」

 

「火災保険が割安など、たくさんのメリットをもつ断熱材」

 

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。
突然ですが皆さんは、「セルロース」って聞いたことありますか?
大切な住まいと家族をガッチリ守るのに欠かせない、とても優れた断熱材です。
今日は、わたしたちAJFが魅せられてやまないセルロース断熱材についてご紹介します。

 

セルロース断熱材とは?

 

 

パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた細かい紙片状の断熱材です。
中でもAJFで扱っているのは、ミシガン州に本社を持つ「アップルゲート・インシュレーション」という会社のセルロース断熱材。
アメリカでトップクラスの品質を誇り、建築専門家の間で高く評価されているスグレモノです!

 

工法もスゴイ

 

 

せっかく高性能の断熱材を使っていても、工法がしっかりしていないとその性能を十分に発揮することはできません。
従来の工法だと断熱材を詰め切れない隙間がどうしてもできてしまい、断熱効果が半減したり隙間が結露してカビたりということがありました。
その点、アップルゲートでは、セルロース断熱材を霧状の水の中に通して壁に吹付ける「ウォール・スプレー」という工法を採用。
どんな小さな隙間もなくピッチリ断熱材を詰めることができるので、断熱効果が最大限発揮されますし、カビの心配もありません。
高温多湿の日本、九州にピッタリの断熱工法なんですよ!

 

 

実は、火災保険料の節約にもなる!

え、どうして? と思うかもしれませんが……セルロース断熱の家は、「省令準耐火建物」といって、木造住宅でありながら「T構造」という優級構造になります。
簡単に言うと、「燃えるリスクが低いから火災保険料が安くすむ」ということですね!
※一定の条件があります。詳しくはスタッフへ

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!