ブログ

ブログ詳細

2019.3.14

AJFホームの“選べる”耐震システム

「予算や土地に合わせて選べる3つの工法」

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。

先日3月11日、東日本大震災から丸8年が経ちました。ここ九州でも近年いろいろな地域で地震が起こっていて、私たちも住まいのご相談を受けるとき「耐震性はどうですか?」と聞かれることが増えてきたなと実感しています。そこで今回は、AJFホームの耐震システムについてご紹介します!

 

 

低コストで安心「耐震工法」

建物の骨組みの中に耐震金物を、外周部全面に耐力面材を使用する工法。地震の時には揺れは感じますが、低コストで耐久性と安全性をアップできるのが特徴です。

 

地盤を選ばず対応できる「制震工法」

建物の中に“減衰装置”を設置して地震時の揺れを吸収させるという工法です。

免震工法に比べれば揺れますが、地盤や敷地を選ばず対応できます。

 

揺れにくさピカイチ「免震工法」

地面が揺れても建物が静止したようになることで揺れを軽減させるというしくみ。地盤が軟弱だと設置できないなどの制約はありますが、3つの中ではいちばん揺れにくい工法です。

 

いつ大きな地震が起きてもおかしくない時代……長年にわたって安心して暮らし続けていただくために、当社では、ご予算や住みたい土地などに合わせて最適な工法をお選びしています。ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!