新着情報

記事詳細

2019.3.21

五感で味わう魅力。無垢材と自然塗料

「五感で味わう無垢材&自然塗料の魅力」

 

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。

自然素材にこだわった家づくりを提案している当社ですが、今回はその中でも皆さんの関心が高い「床材」についてご紹介します。無垢材に自然塗料で仕上げた床は、いろいろな魅力がいっぱいです!

 

木ならではの風合いと表情

天然木の床はまず見た目が素敵ですよねって、お客さまにもよく言われます。無垢材だけでもいいのですが、当社で採用している「Bonaナチュラルオイル ドライファスト」という植物油を主成分とした半透明色の塗料で仕上げることで、木目や節などの風合いと表情が強調されより味わい深くなります。

 

あたたかみあふれる感触

はだしで歩いたり、子どもたちが走り回ったり、時にはゴロンと寝ころんだり? 実は何かと直接からだが触れる機会が多いのが床材。無垢材なら寒い日でもヒヤッとした感触がなく、あたたかみと安らぎを感じることができます。いつでもじんわり幸せな気持ちになれますよ。

 

カラダにやさしい素材

無垢材はもちろん、その上に塗る塗料もカラダにやさしいものを使っています。例えばアメリカのトップシェアブランドでIKEAでも使用されている「ベンジャミンムーア」のカラーペイント。揮発性有機化合物を含まず、ペンキ特有のあのツンとくるにおいもありません。人にも環境にも配慮されたエコペイントです。

 

五感で味わえる魅力にあふれた、無垢材&自然塗料の床。モデルハウスに遊びにいらっしゃったときは、見て、触って、はだしで歩いてみてくださいね。

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!