新着情報

記事詳細

2019.7.9

家づくりの素朴なギモンシリーズ1 長期ローンって損してる?

 

「住宅ローンにまつわる疑問にスタッフが答えます!」

 

 

こんにちは!AJFホームの広報担当です。家づくりにまつわる「素朴なギモン」を解消するこのシリーズ、今回のテーマは「長期ローン」。ぶっちゃけどうなの?を、スタッフに聞きながら解説します。

 

そもそも長期ローンの期間はどれくらい?

長期というけれど具体的にはどれくらいの年数があるんですか?
「オーソドックスなのは35年ローンですが、基本的には80歳までに完済できるように考えるので、20代~30代だと40~50年ローンを組む方も最近は多いですよ」。
月々の支払額が気になるんですが、35年・40年・50年でどれくらい違うんですか?
「例えば借入金額4,500万円だと、35年で月12万円ちょっと、40年で11万円くらい、50年だと10万円弱といったところです(金利0.975%で試算)」。
うーん、月1~2万円の差は大きいですね。

 

長期ローンって損していない?不安じゃない?

でも、長期ローンを組むと利子をたくさん払わなきゃいけないし、漠然と不安があるんですが……
「もちろんローンの期間が長くなればなるほど、トータルで支払う利子の金額は確かに大きくなります。
ですが、生活のことを考えると、月々の支払いで無理をしないことのほうが大事です」。
なるほど。「先のことってわからないですからね。できるだけ手元にお金を残しておくことが『保険』になります。
余裕があれば、繰り上げ返済をすることもできますしね」。
柔軟な対応ができるということですね。「いま住宅ローンは低金利ですから、家の購入にはローンを活用して、現金は他のこと、例えば学費とか車とかに回すほうが賢いです!」

 

負担のない支払計画を立てるのが一番ですね。当社では住宅ローン計画のご相談も承ります。気になる方は、モデルハウスを見学がてらぜひお気軽に話を聞きに来てくださいね。