ブログ

ブログ詳細

夏こそ実感!漆喰外壁の良さ

201907/25
AJFの家づくり

「漆喰の家が暑くならない理由とは」

 

 

ほっこりと温かみある風合いが特徴の漆喰壁。でも実は、夏の「涼しさ」にも一役買っているってご存知でしたか?今回は、暑い季節こそ実感できる、漆喰外壁のメリットについてご紹介します。

 

◇夏の暑い日、家の表面には熱がたまりがち

例えば真夏の昼間、車をしばらく屋外に停めておくと、表面が熱くなりますよね。同じように、住宅の外壁によく使われるガルバリウムやサイディングも、ちょっと触れただけで「アツっ!」となるくらい高温になることもあります。どんなに断熱性能や気密性が高い家でも、表面がそれだけ熱くなると、どうしても室内の温度も高くなってしまうのです。

 

◇漆喰の外壁なら、熱くならない!

そこで、漆喰の出番!どんなに太陽がギラギラ照りつける日でも、不思議と熱くなりません。外壁に熱がたまらないから、高品質断熱材セルロースの性能も最大限に発揮でき、真夏でもエアコンがなくてもいいくらい快適に過ごせます。これが、「断熱にこだわる会社」として、漆喰を選んだ大きな理由のひとつなんです!

 

皆さんもぜひこの夏、AJFのモデルハウスで実際に外壁に触れ、室内の快適さを感じてみてくださいね。

 

では、次回の更新もお楽しみに!