ブログ

ブログ詳細

家づくりの素朴なギモンシリーズ5 将来のリフォーム費用

201907/30
AJFの家づくり

「AJFの家ならリフォーム費用がほとんどかからない!」

 

 

 

こんにちは!AJFホームの広報担当です。家づくりの素朴なギモンを解消するシリーズ、今回は将来のリフォーム費用について。家を新築するときになかなかそこまで考えられないという方も多いですが、金額の面でも大きく、重要な部分です。

 

◇一般的にかかるリフォーム費用はどれくらい?

長年住むといろいろなところにリフォームの必要性が出てきますが、費用面で差がつきやすいのが屋根と外壁。街を歩いていると、職人さんが屋根に上って塗り替え作業をしていたり、足場を組んで外壁の工事をしているところを見かけたりしますよね。一般的な樹脂系の屋根やサイディングの外壁などは、どうしても新築から20年以内にこうしたリフォームをする必要が出てきて、その費用は合わせて170万円くらいかかると言われています。

 

◇AJFならリフォーム費用がほとんどかからない理由は?

AJFの家づくりは「末永く住みやすい」ことを大切にしています。西洋漆喰の外壁は、汚れにくく自浄作用もあるので、ときどき洗浄などをするくらいで工事やリフォームをする必要はありません。屋根は色落ちのしない特別なセメント瓦なので、なにもしなくて大丈夫!手間もかからないし、費用面でもほぼ0円ですみます。

 

末永く付き合う家だからこそ、将来のリフォームまで視野に入れて選ぶことをおすすめしています。気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

将来かかるコストを考えた家づくり。こちらの記事もチェックしてみてください

>>20年で400万円以上もオトク!ライフサイクルコスト視点の家づくり

 

ではまた、次の更新でお会いしましょう!