新着情報

記事詳細

2019.8.6

家を建てる「契約」でAJFが大切にしていること

 

「AJFだけの『こころのご契約』って?」

 

 

初めて家を建てる方の中には、「契約ってどの段階でするの?」「契約したら後戻りできない?」「後から追加料金が発生したりしない?」などの疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、契約にあたってAJFが大切にしていること、独自の「こころのご契約」についてお伝えします。

 

◇家を建てる「契約」ってどの段階でするの?

住宅会社とお客さま双方が「家を建てる」ことに合意したことを意味するのが「契約」。一般的にはプランの大枠ができた段階で契約を結ぶことが多いですが、AJFではまずじっくりヒアリングやご説明をし、「AJFで建てる」ことに納得していただいた段階で「設計契約=こころのご契約」を結びます。その後にプランを作成し、仕様が決定した段階で「本契約」をします。

 

◇AJFの「こころのご契約」しくみとメリット

大まかなプランまでの段階で契約をすると、細部を調整する過程でどうしても追加の費用が発生することがあります。AJFでは仕様の詳細までしっかり固まって納得していただいてから本契約するので、そこから金額が変更になるということはありません。また、こころのご契約金としてお預かりする324000円は、もしも本契約に至らなかった場合は実経費を除いてご返金いたします(ただし、今までそうなったケースはひとつもありません!)。

 

◇「こころのご契約」に込めたAJFの思い

なぜこのような2段階契約のしくみにしているのか……それは、「AJFで家を建てたい」と心から思ってくださるお客様にじっくり向き合いたいという思いからです。とりあえずざっくりプラン作る、とりあえず見積もりしてみる、ということを、私たちはしません。そのかわり「AJFで建てる」と約束してこころのご契約をしてくださったお客様には、労力も時間も惜しみなく費やして家づくりをさせていただきます。

 

これからもAJFは、私たちの姿勢に共感してくださるお客様に真剣に向き合い、心から納得していただける家づくりに努めていきます。ご相談は、お気軽にご連絡くださいね。