ブログ

ブログ詳細

2019.8.10

セルロースのポイント!

当社は開業よりセルロース断熱工事を中心に事業展開を行ってきました。

なので社名も

 アップルゲート

 ジャパン

 福岡

エージェイエフはアップルゲートセルロース断熱の会社として始まりました。

アップルゲートのセルロース断熱は特殊な技術力も必要ですが、

その技術力を最大に引出すためにはマシーン整備が不可欠です。

 

 

これはマシーンからセルロースを押し出す部分のラバーの交換!

ゴムで出来ているので夏場の消耗は激しいので、ヒドイ時には2現場で交換することもある。

マシーンの肝である。

 

 

この写真は解りにくいがブロワーの中の羽部分の清掃

これを怠るとセルロースを吹出す力が弱まるので作業効率に大きく左右する。

 

 

これはセルロースを運ぶ、ホースの清掃

ホースの溝にセルロースが詰まってくると材料の出が悪くなるばかりか施工精度にも左右する。

年間200棟以上のセルロース断熱の外注工事をこなしていけるのは、上記の日々のメンテナンス作業を

怠らない事により、アップルゲート セルロース断熱の施工品質を保たれています。