ブログ

ブログ詳細

漆喰は和風にしか合わない?

201911/19
AJFの家づくり

「どんなテイストもOK!真っ白な漆喰壁の魅力」

 

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。今回は、とある方から聞いた「漆喰って日本家屋のイメージがあるのだけど、西洋風の家にも合うの?」という疑問にお答えします。

 

◇漆喰や無垢材は和風の家だけのもの?

もちろん、そんなことはありません!当社でも西洋漆喰を使用していますが、漆喰は昔からヨーロッパの家屋に用いられてきたものです。見た目の上でも、真っ白な漆喰壁と自然な木の色の無垢材はどんなテイストの住まいにも良く合います

 

◇どんなインテリアに合う?

 

 

 

漆喰壁は敢えてムラがある感じにランダムに塗って、その陰影を楽しむもの。なので、天井にダウンライトがあるお部屋や間接照明との相性が抜群です。当社では、フレンチテイスト、カリフォルニアスタイル、ノルディック、カフェ風、カントリー、シンプル系など、さまざまなタイプの家を手掛けてきました。もちろんどれも、オール漆喰・無垢材!どんなテイストでも受け入れる度量があるのも漆喰の魅力です。

 

◇男前インテリアにも合う?

 

カッコいい系のインテリアにも意外と合う漆喰壁。ヴィンテージ、インダストリアル、アーリーアメリカンなどを取り入れたスタイルにもぴったりです。AJFのモデルハウス「こもれびの家」も、今はアンティーク系インテリアでまとめていますが、カーテンや家具や装飾を変えれば男前インテリアに変更も可能。気分を変えたくなったり、住む人が変わっても柔軟に寄り添ってくれる頼もしくて優しい存在です。

 

あなたが好きなのはどんなインテリアですか?モデルハウスを見に来て、いろいろ想像してみてくださいね。

 

泊まれる!体感型モデルハウス見学申し込みはこちら

https://ajf-home.com/contact/