ブログ

ブログ詳細

家を建てるなら知っておくべき「性能」のハナシ

202002/27
AJFの家づくり

「ポイントは『断熱・気密・換気』!」

 

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。家の性能って専門的なことを掘り下げればキリがないですが、今回は家を建てるにあたり最低限知っておきたいポイントについてお伝えします。

 

◆子どもが「治らない風邪」に侵される、その前に

住まいの性能を考えるにあたり、気を付けたいのは壁の中の結露です。見えないところではありますが、カビなどが発生し室内の空気が汚れてしまう原因になります。そのままにしておくと、「治らない風邪」とも言われるシックハウス症候群でお子さまが苦しみ続けることに……

壁の中に結露が発生する理由は「中と外の温度差」と「湿度の状態」。夏に冷たい飲み物を入れたコップが汗をかくように、温度差と湿度が高ければ結露が発生するというわけです。

 

◆結露を起こさないためのポイント

では、結露を起こさないためにはどうしたらいいのでしょうか。ポイントは「断熱・気密・換気」。この3点をしっかりおさえておけば、壁の中で結露が起きることはありません。逆に、2つはしっかりしていても1つが疎かになっていれば温度差が生まれて結露の原因につながります。たとえば断熱材の中でもグラスウールが結露しやすいのは、ある程度の断熱性はあるもののフワフワしていて気密性に劣るからだったりします。

 

 

◆高性能アップルゲートセルロースで「断熱」と「気密」をクリア

「断熱・気密・換気」の3点をクリアするために、AJFで行っていることをご紹介します。まず断熱材に「アップルゲートセルロース」を使用していること。素材が持つ断熱性能そのものが高いことに加え、ギュッと詰めて施工するから隙間ができません。これだけで「断熱」と「気密」はクリアできます。

 

◆国内で珍しいシステムで「換気」をクリア

そして換気です。AJFでは、高性能住宅換気システムを提供するメーカー「マーベックス」の「第一種換気」を採用。第一種とは空気の出し入れを共に機械で行う換気システムの種別で、二種・三種と比べてしっかりと管理できるのが特長です。外からの空気に室内の熱を乗せ換えてくれるので、室内の温かさを保ったままキレイな空気に入れ替わります。さらに、熱だけではなく湿度まで交換してくれるというスグレモノ! ここまで性能の高い熱換気システムを扱っている会社はまだ日本でも珍しいのだとか。

 

◆まとめ ~家づくり相談に行ったらコレを聞いてみよう~

というわけで今回は、家づくりにあたって最低限おさえておいていただきたい性能のポイントをご紹介しました。家づくりの相談をしに工務店やハウスメーカーを訪れた際は、「断熱材は何を使っている?」「気密性はどうなっている?」「換気は何種?」といった質問をしてみるといいですよ。もちろん、AJFにも気軽に相談や見学しにいらしてくださいね。

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!