ブログ

ブログ詳細

コロナで注目される「換気」と「湿度管理」!

202109/22
AJFの家づくり

こんにちは、AJF Style 営業の 勝 伊智郎 です。

新型コロナウイルスでも注目される、室内の「換気」について…

住宅の「換気」と聞くと、とりあえず「窓を開ける」というイメージではないでしょか?
「換気」というのは『屋内の空気と外の空気を入れ替えること』を言います

そもそも「換気」が必要なのは、新型コロナウイルスに限ったことではなく、感染症やアレルギーなどの予防に対しても「換気」が欠かせません。
詳しくは書きませんが、家づくりの法的義務でもあります。

部屋の空気には、屋内にある様々な物や建材や家具から発生する揮発性の化学物質が含まれているため、「換気」することで屋内に溜まってしまった化学物質の濃度を低下させることを目的とします。
最近では、言わゆる「悪い空気…」が屋外から入ることもあり、漠然と窓を開けることが良いとも言えなくなりました。

AJF HOME『いい家づくり!』でもそうですが、高性能住宅といわれる家づくりにおいて、住宅性能要因のひとつに家の「気密」があります。
※ 家の「気密」とは、どれだけ隙間が無いかというコト。
ただ、住宅の「気密」性能を上げるコトは難しくありませんが、「換気」「湿度」を考えずに「気密」だけを上げるコトは、『いい家づくり!』とは正反対になってしまいす。

 

化学物質は、基本的に発生源が内部からですが、次に外部から侵入するウイルスや花粉「換気」の必要性…

これも同じように、「ウイルス・花粉に汚染された部屋内の空気を入れ替える」ためには、「換気」が必須となります。
新型コロナウイルスに対する「換気」の呼びかけが、まさにこの対策と言えます。

このように、部屋の「換気」が重要なことはみなさん分かってるんですが、
「冬場は寒くなるから窓を開けたくない…」等なかなか一朝一夕に出来ることではありません。
「換気」をしなくてもいい季節はなく、タイミングにも気を付ける必要があります。

そして、今回詳しくは書きませんが、ほとんどの住宅会社が見落としている「湿度管理」もホンモノの『いい家づくり!』において、大変重要な項目のひとつです。

AJF Style 『いい家づくり!』が考える「換気」は、1種換気と呼ばれる「空気」と「熱」を循環させる。
【 熱交換型 24時間換気システム 】を標準仕様としています。

特徴として、
① 外部フィルターにより、花粉 99.8%・PM2.5 98% 除去
② プラズマクラスター24時間放出による、アレルゲン物質・ウイルス及び臭い成分の分解
③ 熱交換率 90%! 換気と同時に、温度と湿度の交換まで行います

AJF Style こだわりは、【 空気の質 】
健康の第一歩は室内空気です。
空気の入れ替えが行われない空間に長時間在室するのは、私たちの身体にとって好ましくありません。
ホンモノの自然素材に包まれた『いい家づくり!』に中、「正しい換気」と「正しい断熱」のきれいな空気で快適な生活を送りましょう!

福岡・沖縄  注文住宅
ホンモノの自然素材に包まれた「やさしい壁の家」
AJF Style
お問合せ;092-834-3300