新着情報

記事一覧

2019.9.19

<WORKS>高級感をプラスしたマンションリノベ

「AJFのノウハウと住み手の希望を詰め込んだ大満足の住まい」

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。今回はマンションリノベーション事例をご紹介。施主は当社の小畑大地です。小畑のこだわりとワガママを詰め込んだ空間をぜひご覧ください!

 

◇制限のある空間を有効活用

 

 

小畑大地の城は、小田部エリアのマンションの一室。「LDKを広く取りたい」という希望をかなえるため、3LDKの壁を一つ外して2LDKにしました。ポスターの黄色が目を引くパーテーションのような自立壁はテレビ台を兼ね、その後ろはウォークインクローゼットに。天井の高さにも限りがあったので間接照明を入れて圧迫感のない優しい雰囲気を演出。新築と比べて制限のある間取りを有効活用した、使い勝手がよくオシャレな空間ができました。

 

◇高級感を演出する工夫

 

 

テレビ台には、エコカラットという調湿機能や消臭機能がある上に見た目も高級感ある壁材を、床の無垢材はスッキリと上品な木目のサクラを使用しました。高品質の素材で見た目にもワンランク上の贅沢感をプラスしています。

 

◇AJFらしい工夫もいっぱい

 

 

 

アーチ開口のキッチン入口、小畑もお気に入りだというカッコイイ洗面、ほぼ全て手作りした建具や収納、そしてマンションでは珍しい西洋漆喰とアップルゲートセルロースを使うことによる高い調湿性。AJFのノウハウと技術をぎゅっと詰め込んだ、大満足の部屋ができました。

 

AJFではこんなマンションリノベも手がけています。部屋づくりの裏話や暮らしてみた感想が気になる方は、ぜひ小畑大地に聞いてみてくださいね。

2019.9.12

<WORKS>広いリビングでハンモックに揺られる理想の家

 

「自然素材が気持ちいい。冷暖房効率もバッチリ」

 

AJFホームの事例紹介、今回は2階リビングにつけたハンモックが印象的な那珂川市のS様邸をご紹介します。

 

◇ハンモックのある広々リビング

 

 

1階には自営業のご主人の事務所と寝室・トイレ、その他の水回りとリビングを2階に配置したS様邸。リビングを2階にしたことでゆったり広い空間を確保でき、念願のハンモックをつけることができました。ゆらゆら揺られながら過ごす時間は至福のひとときだそうです。

 

◇年中裸足で歩きたくなるボルドーパインの床

 

 

「床が冷たくないし感触が気持ちいい」と、年中裸足で過ごしているという奥様。S様邸に使用しているボルドーパインは柔らかさと肌触りの良さが特徴です。当初は靴で上がるようにしていた1階事務所も、「こんなに気持ちいいのにもったいない」と土足禁止にしたほどだそう。

 

◇陽当たりの良さと冷暖房効率を両立

 

 

美しい景色に合わせてつけた、リビングの西向きの窓。夏は光が入りすぎず、冬はちょうど良く西日が入り夜にかけて温まるようになっています。そしてアップルゲートセルロースの力で断熱性能はバッチリ。「今年の夏は暑かったですが、電気代は前の家より安くなっていました」と奥様も喜んでいらっしゃいました。

 

こんな夢をカタチにした家づくりを考えている方も、まだ具体的ではないけれど……という方も、お気軽にAJFモデルハウスに来てくださいね。あなたの理想の暮らしについてお話しましょう!

2019.9.5

<WORKS>漆喰と自然素材がやさしいヘアサロン

 

「ゆったりリラックスできる空間」

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。今回ご紹介する事例は、美容室の店舗リフォームです。

 

実はここ、AJFのショールームだった場所。オーナーさんはAJFで家を建ててくださったお客様の息子さんで、夢だったサロンをつくる場所を探されていた中でご縁がありました。オーナーさんが「せっかくだから、西洋漆喰や無垢材を使った空間に」と希望され、私たちがリフォームを手掛けました。

 

◇ポイント1 レンガ調模様の漆喰&木の手作りフレームの鏡台

 

 

西洋漆喰にレンガ風模様を施してアクセントに。鏡は既製品を使わず、木材で手作りのフレームを作って取り付けました。空間のシンボルになる、印象的な鏡台ができました。

 

◇ポイント2 アーチをくぐって入る、ゆったり落ち着くシャンプールーム

 

 

AJFらしいアーチ開口をくぐって中に入ると、そこはちょっとした隠れ家のようなシャンプー室。半個室でゆったり落ち着くひとときを過ごせます。

 

◇ポイント3 「天然の空気清浄機」のある快適空間でリラックス

 

 

サロン内の壁すべてに使用している西洋漆喰と断熱材アップルゲートセルロースのおかげで、いつも空気はキレイ、そして温度も湿度もちょうどよく快適。カラダにもココロにもやさしい空間が出来上がりました。

 

五感でやさしさを感じられるヘアサロンで、キレイになりながらリラックスしませんか?

 

こちらもチェック
https://ajf-home.com/2019/06/14/旧ショールームから美容室へ店舗リフォーム編/

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

2019.4.30

モデルハウス情報~こもれびの杜)~

GWみなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日で平成も最後の日ですね。

僕は平成1年生まれなのでなかなか寂しい気も…

そして、せっかくの10連休ですが、なかなか天気がすぐれませんね~…

AJFHOMEも連休中も元気に営業しております!

本日は、当社ショールーム【こもれびの家】の横にあります分譲地【こもれびの杜】に完成しましたモデルハウスの情報をお送り致します。

AJFのトレードマーク[漆喰の壁]です!

こもれびの横に4棟の塗り壁の住宅が建つ…当社事務所も含めた統一的な街並みが出来上がる予感!

オープンは5/11を予定しておりますので、あまり中の写真はお出しできないんですが…

リビングスペース

ダイニング、キッチンスペース

造作洗面

2階の廊下、吹抜けスペース

とこんな感じで完成しております!

今回は、コーディネーター重富が女性目線で家事動線や使い勝手にこだわってプランニングしております。

色使いなども普段のAJFstyleとは少ーし変えて【ナチュラルウッディ】をテーマに完成致しました!

GW期間中もプレオープンですが、内部をご覧いただくことが出来ますよ♪

また、オープンイベントを5/11~5/13で開催させていただきますので是非、最新のAJFスタイルを見に遊びにお越しください。

こもれいの家も随時見学可能となっております。

ちょっと気になるなーという方はぜひぜひお待ちしております。

yamaguchi.

 

2019.4.9

東区Fさま邸 お客様の声紹介

 

「小高い場所に建つフレンチシャビ―ハウス」

 

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。

今日は、福岡市東区の見晴らしの良い小高い場所に建つフレンチシャビ―ハウスのご紹介です。お住まいになっているFさん夫妻にホットな声をお聞きしました!

 

奥さまが一目ぼれ!設計職のご主人も満足!

 

-もともとモデルハウスだったこの家に住むことに決めた理由は何ですか?

奥さま「半年以上あちこち回って決めきれずにいましたが、この家を見て即決でした。初めて中に入った時に“わーっステキ!”と声をあげたほどですから(笑)デザインもいいし収納がたっぷりで家事動線もいいんです」

ご主人「僕は構造設計の仕事をしているので耐震性などが気になっていましたが、壁の配置など構造的に優れていることを知り安心しました。その上で間取りもかっこいいんですよね」

 

 

心ときめくポイントが満載

 

-特にお気に入りのポイントはどこですか?

奥さま「2階の子ども部屋の小窓から見下ろすリビングです。子どもたちが遊んでいるのをここから見るのが好きなんですよ」

すてきなリビングとかわいいお子さんたちの姿を眺めていると本当に幸せな気持ちになりそうです。ほかにも、照明、洗面台のタイル、棚のつまみ、階段の手すりなど、女性コーディネーターがセレクトした心ときめくポイントが満載です!

 

夏は涼しく冬は暖かい、その理由は?

 

-過ごしやすさも気になるところですが。例えば冷暖房効率はいかがですか?

奥さま「高断熱の家なので1階はエアコン1台で十分まかなうことができています。消してから寝ても、夏は涼しさを、冬は暖かさをしっかりキープできるんですよ」

高断熱のほか防火、防音、結露防止などの性能にすぐれたアップルゲートセルロース断熱材が、Fさん宅でもいいシゴトしています!

 

今日は幸せいっぱい心も身体も快適な毎日を送るFさんの声をお届けしました。皆さんも、こんな暮らしが気になったらお気軽にAJFまでお問合せくださいね。

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

2019.4.4

<WORKS>カジュアルフレンチスタイルハウス|糸島

 

「アクセントカラーが効いた、家族のコミュニケーションが広がる住まい」

 

こんにちは! AJFホームの広報担当です。

当社が手がけた注文住宅の実例、今回はご夫婦とお子様1人で暮らすNさまのお家をご紹介します。

きれいなブルーがアクセント

 

西洋漆喰の白と無垢材のナチュラルカラーに、ブルーのタイルでアクセントを効かせました。お気に入りの雑貨を飾って、見せたくなるインテリアに。

ちょっとした工夫で解放感抜群

 

玄関とリビングの間の仕切り壁は、天井まで伸ばすのではなく少し開けました。この小さな工夫が、大きな解放感につながります。白い壁はもちろん自然素材の西洋漆喰。

家族のコミュニケーションが広がる空間

 

対面キッチンにダイニング、2階への経路はリビング階段。家族の接点を多く設ける導線でコミュニケーションが広がります。

今回はカジュアルフレンチスタイルの家をご紹介しました。あなたが気になるのはどんなスタイルですか? ぜひお聞かせくださいね

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!