新着情報

2019年8月 記事一覧

2019.8.15

AJFでは「原価」を全部お見せしています!

 

「胸を張って原価をお見せできる理由とは」

 

 

「家の原価」って聞いたことありますか? 住宅に限らず、商品の原価はなかなか開示されることがないですが、AJFでは敢えてお客さまに包み隠さず原価をお伝えしています。その理由とは……?

 

◇「お客様に安心してほしい」シンプルな思い

「原価を隠すことに、昔から疑問を感じていた」と言う社長。原価が見えればそれだけでお客様の安心感につながるからというシンプルな理由で、AJFではお客さまにウソ偽りのない原価をお見せしています。例えば照明器具の原価を見て「これならもうちょっと安く自分で買って来たい」ということも、全く問題ありません。

 

◇良心的な価格を実現できるワケ

良い材料を安価で仕入れて、できるだけ負担の少ない金額でお客さまに提供する。それを実現できるのは、建材の販売業もしているAJFだからこそなんです。長年の企業努力と業者さんとのネットワークによって、良質な材料を手ごろな価格で仕入れられるから、良心的な販売価格を実現できるのです。

 

家を建てるという人生の一大イベントの不安を少しでも軽くするよう、私たちAJFはこれからも情報提供や細やかな対話を惜しみなく行っていきます。

 

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

2019.8.6

家を建てる「契約」でAJFが大切にしていること

 

「AJFだけの『こころのご契約』って?」

 

 

初めて家を建てる方の中には、「契約ってどの段階でするの?」「契約したら後戻りできない?」「後から追加料金が発生したりしない?」などの疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、契約にあたってAJFが大切にしていること、独自の「こころのご契約」についてお伝えします。

 

◇家を建てる「契約」ってどの段階でするの?

住宅会社とお客さま双方が「家を建てる」ことに合意したことを意味するのが「契約」。一般的にはプランの大枠ができた段階で契約を結ぶことが多いですが、AJFではまずじっくりヒアリングやご説明をし、「AJFで建てる」ことに納得していただいた段階で「設計契約=こころのご契約」を結びます。その後にプランを作成し、仕様が決定した段階で「本契約」をします。

 

◇AJFの「こころのご契約」しくみとメリット

大まかなプランまでの段階で契約をすると、細部を調整する過程でどうしても追加の費用が発生することがあります。AJFでは仕様の詳細までしっかり固まって納得していただいてから本契約するので、そこから金額が変更になるということはありません。また、こころのご契約金としてお預かりする324000円は、もしも本契約に至らなかった場合は実経費を除いてご返金いたします(ただし、今までそうなったケースはひとつもありません!)。

 

◇「こころのご契約」に込めたAJFの思い

なぜこのような2段階契約のしくみにしているのか……それは、「AJFで家を建てたい」と心から思ってくださるお客様にじっくり向き合いたいという思いからです。とりあえずざっくりプラン作る、とりあえず見積もりしてみる、ということを、私たちはしません。そのかわり「AJFで建てる」と約束してこころのご契約をしてくださったお客様には、労力も時間も惜しみなく費やして家づくりをさせていただきます。

 

これからもAJFは、私たちの姿勢に共感してくださるお客様に真剣に向き合い、心から納得していただける家づくりに努めていきます。ご相談は、お気軽にご連絡くださいね。

2019.7.30

家づくりの素朴なギモンシリーズ5 将来のリフォーム費用

「AJFの家ならリフォーム費用がほとんどかからない!」

 

 

 

こんにちは!AJFホームの広報担当です。家づくりの素朴なギモンを解消するシリーズ、今回は将来のリフォーム費用について。家を新築するときになかなかそこまで考えられないという方も多いですが、金額の面でも大きく、重要な部分です。

 

◇一般的にかかるリフォーム費用はどれくらい?

長年住むといろいろなところにリフォームの必要性が出てきますが、費用面で差がつきやすいのが屋根と外壁。街を歩いていると、職人さんが屋根に上って塗り替え作業をしていたり、足場を組んで外壁の工事をしているところを見かけたりしますよね。一般的な樹脂系の屋根やサイディングの外壁などは、どうしても新築から20年以内にこうしたリフォームをする必要が出てきて、その費用は合わせて170万円くらいかかると言われています。

 

◇AJFならリフォーム費用がほとんどかからない理由は?

AJFの家づくりは「末永く住みやすい」ことを大切にしています。西洋漆喰の外壁は、汚れにくく自浄作用もあるので、ときどき洗浄などをするくらいで工事やリフォームをする必要はありません。屋根は色落ちのしない特別なセメント瓦なので、なにもしなくて大丈夫!手間もかからないし、費用面でもほぼ0円ですみます。

 

末永く付き合う家だからこそ、将来のリフォームまで視野に入れて選ぶことをおすすめしています。気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

将来かかるコストを考えた家づくり。こちらの記事もチェックしてみてください

>>20年で400万円以上もオトク!ライフサイクルコスト視点の家づくり

 

ではまた、次の更新でお会いしましょう!