新着情報

2019年1月 記事一覧

2019.1.15

福岡 注文住宅 スペイン漆喰『塗り壁の家』vol,5

福岡  ・ 沖縄  自然素材に包まれた 注文住宅  AJF HOME

自然素材にこだわり抜いて、室内 壁・天井、外壁もオール塗り壁

『 本物の漆喰に包まれた やさしい壁の家づくり!! 』

塗り壁の『 下地 』について…

外壁の仕上げに塗り壁を選択した際、仕上げの材料である漆喰等を塗る前の状態、いわゆる『 下地 』にもいくつかの建材・工法がありますが、AJF HOME では、EPS(発泡スチロール)ボードを下地とする EIFS工法を標準仕様としています

下地がEPSボードの大きな利点として次の2点があげられます

① 下地が軽いことで、住宅全体の軽量化からの『 地震対策 』

② EPSボードが断熱材の役割を持つため、充填セルロース + 外貼EPS と、『 W断熱 』

簡単に書きましたが、AJF の「いい家づくり」は『 W断熱 』が標準仕様なのです

もちろんそれだけではなく、割れ防止にグラスファイバーメッシュをベースコートで塗り込み、壁全体を一つの面として強度を上げる施工技術の工夫もあります

次に内壁の場合には、エスタコウォール施工の際の大きな特徴として、下地のパテ処理が不要です

これも簡単に書きましたが、塗り壁で下地パテ処理が必要ない建材をエスタコウォール以外に聞いたことがないくらい特殊な材料なのです

塗り壁はもちろん、塗料・クロスにおいても、ボードの接手部分が凹んでしまうため(建築現場では『痩せる』という表現をよくします)、エスタコウォール以外の建材では必ずパテ処理が必要とされていますが、骨材として大理石の粒を混ぜ込んであるエスタコウォールでは、パテ処理が必要ないのです

AJF の「いい家づくり」では、塗り壁が仕上がると見えなくなってしまう、『 下地  』の材料選択や施工技術が重要だと考えますし、工務店さんを見学の際には、下地についてどこまで気を使って施工しているのか聞いてみるのも面白いかもしれません

次回は、塗り壁の最大の不安

「塗り壁は汚れやすい…」についてえすが、先に答えを書いておくと、

「本物の材料と間違いない施工をすれば汚れません…!」

↑【 AJF 新社屋 2月完成予定 】↓

 

割れ防止・地震対策 !】

一般に「塗り壁は地震に弱く、割れやすいというイメージがあります。」が、下地の作り方で地震にも強い塗り壁が仕上がります

現実に、AJFの社屋は築50年以上の木造アパートを4年前にリノベーションしています

 

外壁は既存塗り壁の上にモルタルで下地を作り、スペイン漆喰 エスタコウォールで仕上げています。もちろん、下地作りの際にメッシュ伏せこみ等、割れ防止の技術があります

内壁は既存の土壁を剥がし、新しいボード下地の上に直接仕上げています。パテ等の下地処理も無しです

熊本震災の際、福岡でもかなり揺れましたが、外壁・内壁共に剥がれはもちろん、割れもありませんでした

もちろんエスタコウォールが本物であり、良質の材料であることもあるのですが、それ以上に壁が仕上がってしまうと隠れてしまう『 下地 』も大事なのです

下地をただただ頑丈にすればいいのでもなく、頑丈にするため下地材を厚く塗りすぎると、「家全体が重くなる」というマイナス面も顔を出します

~ スペイン漆喰 エスタコウォール ~、

【 湿度の吸放出性能 】

本物の漆喰が持つ、〝 圧倒的質感の違いや意匠性のすばらしさ 〟はもちろんですが、

他にも、「本物のいい家づくり」に塗り壁が必要不可欠である理由は多々あります、

先ずは、漆喰 塗り壁の持つ、湿度の『吸放出性能』について…

『吸放出性能』というと難しく聞こえますが、要は家の壁が呼吸できる素材や、呼吸できる工法を選択しているかどうかです

家づくりでは、この『 壁が呼吸できること 』が重要なポイントと言えます

木造住宅の一番の敵は〝湿度〟です!

湿度対策が不十分だと、内部の柱や土台を劣化させる要因となる、カビ・コケ・腐食・シロアリの原因となるのです※木や建材の含水率によって劣化の要因が変化します

外壁や内壁の見える傷や破損は発見も処置も容易ですが、湿度による壁の中の劣化はなかなか気付きにくいですし、外壁や内壁の見える状態になれば、中はボロボロの状態である事が想像できます

もちろん壁が 単純に呼吸 するだけで良いのではなく、夏場 外部からの多湿な空気の対策には、断熱材の選択はもちろん、調湿性能を併せ持った防水シート(ウェザーラップ等)の選択も不可欠です

特に高温多湿な九州の「家づくり!」において、湿度対策は不可欠な要素だと考えます

室内の壁が、漆喰 塗り壁であると、

約70%を占める壁が「 呼吸する…」ことで、夏場は多湿な室内空間から湿度を吸い、

冬場は乾燥した室内空間(女性の方が敏感ですが…)に湿度を放出することで、年間を通して程度な湿度を自然に保ってくれます

また、塗り壁の性能を100%引き出すためにも、塗り方も重要で、好みや家のデザインにもよりますが、出来ればフラットな仕上げではなく、パターン(模様)を付けることをお勧めしています

それは、塗り壁の性能は表面積に比例するからです。出来るだけ表面積の多くなるパターン付けの方がフラットな面よりも塗り壁特有の性質を出しやすいのです

また、漆喰の主原料である「消石灰」の白い粉は、鳥インフルエンザ流行時等に、車両通り道や現場にて薬剤として散布されることからも有名ですが、本物の漆喰は強アルカリの性質を持ち、〝殺菌作用(空気浄化)〟に優れています

 

Ichirou …

福岡 沖縄 自然素材に包まれた 注文住宅

AJF HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.8.26

トトロの楠~くすのき~

AJF HOME 新社屋 のプロジェクトが進んでいます

会社事務所としてはもちろんですが、

① こだわり満載の 【 モデルハウス 】

② 本物の高性能住宅を体感 【 宿泊体感 】

③ AJF で学ぼう! 体験しよう! 【 ワークショップ・イベント広場 】

楽しみいっぱいの準備の中、

今回は、新社屋建築地 周辺自然も見どころいっぱいなんで、先走ってご紹介…

建築予定地前面には、シンボルツリーとしては立派過ぎるぐらい大きくて、「トトロ」感あふれた、

福岡市 保存樹木 の一つ 【  楠~くすのき~ 】がそびえ立ち

※ これだけで「あそこだ~」と分かる方もいると思います

そして、道路からは見えませんが、

大きな根元には、【 祠 】…こっちは、「千と千尋…」 かな…

そして、裏手には川が流れ… もちろん、川へ降りる事の出来る階段も敷地内に確認済み…

6月【 ホタル 】… 夏【 川遊び 】【 バーベキュー 】… 秋【 …】冬 【 …】

そして、4月 川向かいに【 桜並木 】!!

来年の花見は、社屋の大型バルコニーから…会社飲みがますます増えそうだ…

ワクワクだらけの、新社屋建築!!

いよいよ解体・造成が本格的にスタート

ブログ、Fb、インスタ、随時進捗アップ楽しみにしていてください!

 

 

 

 

2018.8.25

沖縄のモデルハウスが始まるよ~♪

この半年間、沖縄でのモデルハウス用地探しから

職人さん探し、そして沖縄に合うベストな建築資材の選択などに時間を要しましたが

なんとか沖縄でのモデルハウスの建設も来月から始まりそうです。

沖縄の湿気対策建材!

台風対策に白アリ対策など色々工夫した沖縄にベストな住宅が提供できそうです。

そして 潮風などの塩害にベストなのは漆喰!

エスタコウォールは潮風にも強く 沖縄に最適な建材といえます。

あとは台風などの自然災害に気をつけて、慎重に施工し、

沖縄の方々に早くお披露目できるように頑張っていきたいと思います。

昨日はモデルの完成までお待たせするより早めにご案内したかったので沖縄より

福岡のモデルのご案内をさせて頂きました。

 

モデルハウスの見学風景

 

お住い拝見①

 

お住まい拝見② 120インチ以上の大迫力!

2018.8.23

無垢床材 ~ ボルドーパイン ~

今回は、床材の話し…

無垢のフローリング材と聞いて思い浮かべるのは、

国産で、杉・桧・栗…

外国産で、ナラ・パイン・バーチ(カバ桜)…

その他にも数多くの種類はあるのですが、無垢材はやさしい味わいと心地よい触感がいいですね

AJF  HOME  漆喰の白壁と無垢材オイル仕上げのやさしい味わい!

 

日本では、〝 松 〟 がパインにあたります

パインは世界中に自生する樹種で、産地によって名前や特徴が変わり、一括りで言っても

レッドパイン・ラジターパイン・シルバーパイン 等々様々ですが、

AJF HOME  の床材は無垢の ボルドーパイン が推奨です

【 ボルドーパイン 】

ボルドーと聞いて、お酒好きの方がまず思い浮かべるのは、ボルドーワイン!

フランス西部にある田舎町の名前です

そこの海岸沿いに自生する松が、ボルドーパイン なのです

では、ボルドーパイン の魅力

①【 木目の美しさ 】

木目や節がはっきり表れるため、オイル仕上げで吹き上げるた姿はホント美しいんです

AJF HOME はスウェーデンが本社の、【 Bona 】オイルを使用してます

※ 世界一厳しい自然素材基準クリア【Bona】オイルの詳しい話は、また後日…

【 堅い 】

パインに限らず針葉樹は基本的に柔らかいんですが、その中でも ボルドーパイン は堅い方なんです

室内も土足文化の海外で、床材として使用されるぐらいですが、もちろん木なんで、多少傷は付きますが、そこは味わい…

【 サイズが大きい 】

一般の無垢フローリングの寸法は、厚み 15mm! 幅 105mm! 程度ですが、

AJF HOME の ボルドーパイン は、厚み 21mm! 幅 170mm!

※この厚みが床に無垢材を使う上で、最も重要な意味を持つのです

【 経年美 】

〝経年劣化〟と聞くと悪いイメージですが、経年美を楽しむだとどうでしょうか?

「 家 」は家族と共に年数を重ね変化していくものです

もちろん、床だけではないのですが、必ずメンテナンスが必要となります

無垢材 ボルドーパイン の魅力を数点あげましたが、

床に木材を貼るフローリングが、もともと断熱材としての意味合いであったこと…

また、多湿な日本において、畳に代わる床材の調湿性能が重要であること…

次回は、無垢の床材は【 断熱材 】であり【調質材】である意味!!

厚みが重要になるのです

 

 

 

2018.8.20

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,5

AJF HOME
営業の 勝 伊智郎 です

AJF HOME の「いい家づくり!」は、

外壁はもちろん ~ スペイン漆喰 エスタコウォール~ の白壁!


部屋の壁・天井まで オール ~スペイン漆喰 エスタコウォール~!

~ 呼吸する塗り壁 ~

いろいろな塗り壁がある中で、自然素材の代表的な素材をあげると次の3点になります

① 漆喰  ② 珪藻土 ③ ゼオライト                                      ※最近では、ブレンドの配合が主流ですが、今回は割愛します

いわゆる塗壁の特徴として一般に言われているのが、透湿・調湿・消臭・殺菌 ですが、素材によって得意・不得意があります…今回は、特徴的な性質をあげると

① 漆喰 → 透湿・殺菌作用                                         ② 珪藻土 → 調湿作用                                           ③ ゼオライト → 消臭作用

を得意としてます!※細かい話しはマニアックになるんで…(ホントはそっちの方が面白いです)

つまり用途によって、同じ塗り壁でも素材から考える事が「いい家づくり!」には必要となります

AJF HOME の考える「いい家づくり!」は、家の 70% 占める壁が「呼吸」することです

そこが「塗り壁であるワケ 」の一つなのです

では、特徴が違う、漆喰・珪藻土・ゼオライト、のなかで、

AJF HOME は漆喰 を選択!

数ある漆喰の中でも、スペイン漆喰 エスタコウォール を選んだ理由はまた次回…

 

 

 

 

 

2018.8.19

「 来年には消費税10%… 」

AJF HOME 営業の 勝 伊智郎 です!

いよいよ来年、2019年10月には消費税率が10%に引き上げられる予定です
マイホームご検討の方は、今本気で考えないといけない時期に来ています

「マイホーム」大きな買い物をするときに、消費税が 2% と上がると、値段が大きく変わることはだれでも想像出来ます。

では、みんなが聞きたい、知りたい、消費税 8% と 10% マイホーム購入価格はどれくらい変わる?

例えば単純に、4000万の物件で、建物価格が2000万なら、8%なら160万!10%なら200万!40万の負担となります!
これだけなら、消費税増税前の購入がトクですが、

2014年の 8% へ増税の際、負担増を軽減するため「住まい給付金!」
マイホーム購入時と契約時で、税率適用変更の「経過措置!」

また、消費税 10% でも負担を軽減させる国の政策も予想されます、
では、実際知りたいことは?

① 現在マイホームご検討の方は、いつまで 8% で買えるのか?
② 結局いつ買うのがオトクなのか?

 

次回は、これからマイホーム購入予定の方へのアドバイスですが、

一つ先に書いておくと、

マイホーム購入の際、契約時、完工時、引渡し時、どの時点の税率適用かというと、

工事完了(引渡し)時点の税率が適用となります…

でも、

半年前の、2019年3月31日までの契約なら、経過措置が適用…

 

人生で一番高い買い物です

しっかり勉強しましょう