新着情報

2019年1月 記事一覧

2019.1.15

福岡 注文住宅 スペイン漆喰『塗り壁の家』vol,5

福岡  ・ 沖縄  自然素材に包まれた 注文住宅  AJF HOME

自然素材にこだわり抜いて、室内 壁・天井、外壁もオール塗り壁

『 本物の漆喰に包まれた やさしい壁の家づくり!! 』

塗り壁の『 下地 』について…

外壁の仕上げに塗り壁を選択した際、仕上げの材料である漆喰等を塗る前の状態、いわゆる『 下地 』にもいくつかの建材・工法がありますが、AJF HOME では、EPS(発泡スチロール)ボードを下地とする EIFS工法を標準仕様としています

下地がEPSボードの大きな利点として次の2点があげられます

① 下地が軽いことで、住宅全体の軽量化からの『 地震対策 』

② EPSボードが断熱材の役割を持つため、充填セルロース + 外貼EPS と、『 W断熱 』

簡単に書きましたが、AJF の「いい家づくり」は『 W断熱 』が標準仕様なのです

もちろんそれだけではなく、割れ防止にグラスファイバーメッシュをベースコートで塗り込み、壁全体を一つの面として強度を上げる施工技術の工夫もあります

次に内壁の場合には、エスタコウォール施工の際の大きな特徴として、下地のパテ処理が不要です

これも簡単に書きましたが、塗り壁で下地パテ処理が必要ない建材をエスタコウォール以外に聞いたことがないくらい特殊な材料なのです

塗り壁はもちろん、塗料・クロスにおいても、ボードの接手部分が凹んでしまうため(建築現場では『痩せる』という表現をよくします)、エスタコウォール以外の建材では必ずパテ処理が必要とされていますが、骨材として大理石の粒を混ぜ込んであるエスタコウォールでは、パテ処理が必要ないのです

AJF の「いい家づくり」では、塗り壁が仕上がると見えなくなってしまう、『 下地  』の材料選択や施工技術が重要だと考えますし、工務店さんを見学の際には、下地についてどこまで気を使って施工しているのか聞いてみるのも面白いかもしれません

次回は、塗り壁の最大の不安

「塗り壁は汚れやすい…」についてえすが、先に答えを書いておくと、

「本物の材料と間違いない施工をすれば汚れません…!」

↑【 AJF 新社屋 2月完成予定 】↓

 

割れ防止・地震対策 !】

一般に「塗り壁は地震に弱く、割れやすいというイメージがあります。」が、下地の作り方で地震にも強い塗り壁が仕上がります

現実に、AJFの社屋は築50年以上の木造アパートを4年前にリノベーションしています

 

外壁は既存塗り壁の上にモルタルで下地を作り、スペイン漆喰 エスタコウォールで仕上げています。もちろん、下地作りの際にメッシュ伏せこみ等、割れ防止の技術があります

内壁は既存の土壁を剥がし、新しいボード下地の上に直接仕上げています。パテ等の下地処理も無しです

熊本震災の際、福岡でもかなり揺れましたが、外壁・内壁共に剥がれはもちろん、割れもありませんでした

もちろんエスタコウォールが本物であり、良質の材料であることもあるのですが、それ以上に壁が仕上がってしまうと隠れてしまう『 下地 』も大事なのです

下地をただただ頑丈にすればいいのでもなく、頑丈にするため下地材を厚く塗りすぎると、「家全体が重くなる」というマイナス面も顔を出します

~ スペイン漆喰 エスタコウォール ~、

【 湿度の吸放出性能 】

本物の漆喰が持つ、〝 圧倒的質感の違いや意匠性のすばらしさ 〟はもちろんですが、

他にも、「本物のいい家づくり」に塗り壁が必要不可欠である理由は多々あります、

先ずは、漆喰 塗り壁の持つ、湿度の『吸放出性能』について…

『吸放出性能』というと難しく聞こえますが、要は家の壁が呼吸できる素材や、呼吸できる工法を選択しているかどうかです

家づくりでは、この『 壁が呼吸できること 』が重要なポイントと言えます

木造住宅の一番の敵は〝湿度〟です!

湿度対策が不十分だと、内部の柱や土台を劣化させる要因となる、カビ・コケ・腐食・シロアリの原因となるのです※木や建材の含水率によって劣化の要因が変化します

外壁や内壁の見える傷や破損は発見も処置も容易ですが、湿度による壁の中の劣化はなかなか気付きにくいですし、外壁や内壁の見える状態になれば、中はボロボロの状態である事が想像できます

もちろん壁が 単純に呼吸 するだけで良いのではなく、夏場 外部からの多湿な空気の対策には、断熱材の選択はもちろん、調湿性能を併せ持った防水シート(ウェザーラップ等)の選択も不可欠です

特に高温多湿な九州の「家づくり!」において、湿度対策は不可欠な要素だと考えます

室内の壁が、漆喰 塗り壁であると、

約70%を占める壁が「 呼吸する…」ことで、夏場は多湿な室内空間から湿度を吸い、

冬場は乾燥した室内空間(女性の方が敏感ですが…)に湿度を放出することで、年間を通して程度な湿度を自然に保ってくれます

また、塗り壁の性能を100%引き出すためにも、塗り方も重要で、好みや家のデザインにもよりますが、出来ればフラットな仕上げではなく、パターン(模様)を付けることをお勧めしています

それは、塗り壁の性能は表面積に比例するからです。出来るだけ表面積の多くなるパターン付けの方がフラットな面よりも塗り壁特有の性質を出しやすいのです

また、漆喰の主原料である「消石灰」の白い粉は、鳥インフルエンザ流行時等に、車両通り道や現場にて薬剤として散布されることからも有名ですが、本物の漆喰は強アルカリの性質を持ち、〝殺菌作用(空気浄化)〟に優れています

 

Ichirou …

福岡 沖縄 自然素材に包まれた 注文住宅

AJF HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.8.27

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,6

営業の 勝 伊智郎 です!

そもそも、漆喰の主原料は「石灰石」

「石灰石」を 高温で焼いたあと細かく粉砕すると「消石灰」が 出来ます(運動場のラインや鳥インフルエンザ 等の伝染病予防対策に撒く 白い粉)

日本では その「消石灰」に 布海苔やスサ等を 混ぜたものが漆喰

スペイン漆喰 エスタコウォール は、ヨーロッパの大地の「石灰石」→「消石灰」に 骨材として「大理石」加えて製造します

まさに身体にやさしく、子供たちにも安全な、本物の自然素材そのもの

ヨーロッパで古くから現在まで広く使われてきた 歴史ある 伝統の西洋漆喰なのです

スペイン漆喰エスタコウォールの代表的な特性が次の3点です

1.吸放湿性能

多孔質な エスタコウォール は 吸放湿性能がとても高く、室内の湿気を、湿度の高い夏には吸収!室内が乾燥する冬場には放湿 して、自然に快適な湿度を保ってくれます

しっかりと 「塗り厚(室内 3mm以上)のあるエスタコウォール」では、例えば お風呂上がりに 薄いタオルで体を拭くのと、分厚いタオルで拭くのを比べるかのような違いが出てくるのです

この事から 高温多湿な日本の気候風土に 大変適した塗り壁材 なのです

2.放蓄熱性

エスタコウォール」の多孔質構は、

壁が熱くなり過ぎず、真夏でも外壁が素手で触れます

又、逆に真冬のように大気温度が低い場合は蓄熱します。室内壁に使用した場合、冬場の室内温度を 暖かく保ちます

これは「エスタコウォールの多孔質構造」が 空気の層を作ることで 蓄熱すると思われます

夏は涼しく 冬は暖かい☆省エネ効果 環境にやさしい壁と言えます

3.耐久性能・汚れにくさ・自浄作用

自然素材の「エスタコウォール」は静電気を発生させない為、空気中の汚れやホコリを吸着する事が少ない性質を持っています

たとえ 汚れても 雨水等による自己浄化作用 で汚れの落ちやすさも大きな特性だし、

年月を経て、空気中の二酸化炭素と化学反応し 徐々に硬化し 石化、80~100年かけて 石灰石に戻ると 言われていますつまり、劣化することなく 年々時間と共に割れにくく、耐久性が増していく 塗り壁材なのです

いいことばかり綴りましたが、やっぱり壁材としては最も高価な材料の一つです

ですが、地域の気候風土にあった「いい家づくり!」を追求すると、やっぱり調湿作用のある塗り壁材

スペイン漆喰 エスタコウォール が、高温多湿な日本おいて最適だと考えます!

 

2018.8.20

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,5

AJF HOME
営業の 勝 伊智郎 です

AJF HOME の「いい家づくり!」は、

外壁はもちろん ~ スペイン漆喰 エスタコウォール~ の白壁!


部屋の壁・天井まで オール ~スペイン漆喰 エスタコウォール~!

~ 呼吸する塗り壁 ~

いろいろな塗り壁がある中で、自然素材の代表的な素材をあげると次の3点になります

① 漆喰  ② 珪藻土 ③ ゼオライト                                      ※最近では、ブレンドの配合が主流ですが、今回は割愛します

いわゆる塗壁の特徴として一般に言われているのが、透湿・調湿・消臭・殺菌 ですが、素材によって得意・不得意があります…今回は、特徴的な性質をあげると

① 漆喰 → 透湿・殺菌作用                                         ② 珪藻土 → 調湿作用                                           ③ ゼオライト → 消臭作用

を得意としてます!※細かい話しはマニアックになるんで…(ホントはそっちの方が面白いです)

つまり用途によって、同じ塗り壁でも素材から考える事が「いい家づくり!」には必要となります

AJF HOME の考える「いい家づくり!」は、家の 70% 占める壁が「呼吸」することです

そこが「塗り壁であるワケ 」の一つなのです

では、特徴が違う、漆喰・珪藻土・ゼオライト、のなかで、

AJF HOME は漆喰 を選択!

数ある漆喰の中でも、スペイン漆喰 エスタコウォール を選んだ理由はまた次回…

 

 

 

 

 

2018.8.16

~家づくり通信~Vol,3-1【お金のこと】

家づくり通信も3回目です!

yamaguchiです。

今回は【お金のこと】を少しずつお伝えしていければと思います。

お家を建てるにあたってみなさん気になるところはやっぱり”お金’’かな?と思います。

土地+建物=住宅の資金とお考えの方も多いかと思いますが、実はそれ以外にもお金ってかかってくるんですよね~

例えば、銀行融資の経費や土地購入時の解体・造成費用、あとは土地や建物を登記する費用や引越し、家具・家電の購入費用なんかもかかってきますね。

土地の値段や建物の大きさによっても変わってきますが、大体土地+建物の購入費用の3~5%位が諸経費として必要になってきます。

建売住宅でも同じようにかかってくる費用もあるのでご購入を検討されている方は、販売価格+3~5%を想像しておいた方がいいかと思います。

あとは、住宅の購入はほとんどの方が生きてるうちに1回しか行わないと思いますし、金額も見たことのない額になると思います。(笑)

なので、総額で考えてしまうとどんどんテンションが下がってしまいます(笑)

そこで、僕たちからのご提案として…

今、住宅を購入される方の9割以上は住宅ローンをご利用になられると思いますので、【月々の支払い】から検討してみてはいかがでしょう?ということです!

今のお家賃+いくらまで支払えるのか

光熱費の考え方

ランニングコスト

を踏まえてお金の計画を立てていきましょう!ということですね。

AJFhomeは、トータルバランスを考えた無理のない【お家づくり】をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

今週末8/19(日)は当社の糸島モデルハウスにて無料の相談会も開催しますよ!

是非ご来場お待ちしております。

次回も、【お金のこと】住宅ローンや、[借りれる額]、[払える額]について書いていきます。

yamaguchi

 

2018.7.28

【 漆喰 】塗り壁であるワケ vol,3

営業の 勝 伊智郎 です

建築の間違った常識として、「塗り壁は汚れやすい…」と思われています

正しくは、「なんちゃって商品の〝塗り壁風〟は汚れやすい…」です!

ヨーロッパの街並みをイメージすると分かりやすいのですが、美しい街並みが容易に頭に浮かびます!

でも美しさを保つために、外壁の洗浄をしているわけではないのです

【 ↑「加布里モデル」2F窓より見える、白壁の街並み… 】

では何故洗浄しなくても美しさを保てるのかは、漆喰 の 強アルカリ多孔質 の特性が下記2点です

① 殺菌作用 ※強アルカリで汚れを分解・浮かす

② 自浄作用 ※降雨時、多孔質の中を流れる水量により自ら汚れを落とす

と汚れにくい特性を自然に持っているのです

ちなみに、鳥インフルエンザ等 疫病が流行した際、車道等に散布される〝白い粉〟が漆喰と同じ原料の消石灰で、強アルカリの性質により、強い殺菌作用を持ちます

塗料でも同じような特性の建材として 光触媒 があります

光触媒の性質を簡単に説明すると、①紫外線で分解 ②親水性で自浄 はするのですが、どうしても紫外線劣化がつきものです

この自然の自浄作用を発揮するためには、次の2点が大事になります

① 正しい材料 ※本物の自然素材で静電気を帯びない

② 正しい施工 ※一定以上の厚みをもたす

【 ↑ AJF 会社の外壁は、4年前にリフォームで土壁の上から塗り替えましたが、4年たった今でも、美しい白さを保ってます 】

つまり、

本物の漆喰 で 正しい施工 をすれば、塗り壁は汚れにくいのです

ただ、汚れないワケではないので、住宅のプロとして、

「汚れの付きにくい建築の工夫」は随所にありますが、それはまた次の機会に…

次回は「塗り壁は割れやすい…」について

これも先に言っておくと、

「割れは下地の作り方次第しだい…」

なんでもそうですが、表面だけでなく中身が大事なんです…

 

 

 

2018.7.20

【 漆喰 】塗り壁であるワケ vol,2

営業の 勝 伊智郎 です!

前回、高温多湿な九州の「家づくり!」には〝湿度〟対策が不可欠だと書きました

なぜなら、住宅の一番の敵は〝湿度〟なのです

簡単いうと住宅劣化の段階、カビ・コケ・腐食・シロアリ…すべて〝湿度〟が根本的原因です

特に怖いのが、これからの季節に起こる『 夏の逆転結露 』!

 

『 夏の逆転結露 』という言葉を聞いたことがありますか?

〝結露〟というと冬、特に窓ガラスが…というイメージですが

実は夏場にも結露は発生しています

夏の高温多湿な空気が壁の中に留まり、室内がエアコンで冷やされることで、露点が壁の中に発生します

つまり、冬の結露とは違い、夏の結露は壁の中で見えないのです

見えない壁の中で、住宅の要である柱を徐々に腐らせてしまうのです

この現象も建材が進歩する中で、〝湿度〟を考えず、不用意に気密をあげてしまったことも原因の一つと言えます

だからこそ「いい家づくり!」には、呼吸する壁 塗り壁 が最適だと考えます

 

もちろん、塗り壁だけで結露防止になるわけではありません

住宅性能で言えば一般に、

☆窓 50%  ☆断熱材 30% ☆換気 10% ☆その他 10% と言われるように、複合的に考えないとホントの「いい家!」にはなりえないのです

それでの、住宅の約 70% を占める壁が、呼吸する素材と構造であることが。「ホントのいい家づくり!」には重要なポイントとなります

次回は、

「 塗り壁は 汚れやすい… 」「ヒビが入る… 」等々メンテナンスについて…

先に言ってしまいますが、

「 塗り壁が汚れやすい… 」はウソです…