新着情報

2018年12月 記事一覧

2018.12.22

今年最後の沖縄!

今年何回沖縄に来たんだろかな?

沖縄のモデルハウス用の土地探し!

工事をしてくれる職人さん探し!

そして、着工したら打合せや職人、現場監督としてなかなかハードな一年でした。

そして、今回が今年最後の沖縄での塗り壁の工事

 

先ずはスタンプ(漆喰にレンガの模様を付ける。)

 

 

そして、リビング(プロジェクターを映すのでフラット仕上)

 

 

部屋も色付きで変化を出してみました。(塗ったばかりなので色むらがあるけど仕上りはバッチリ!)

 

 

年内に塗壁と器具付けが終わるので年明けには建具造作と外構ですね!

 

 

建具の造作はこんな感じかな!

 

沖縄と福岡でセルロースと漆喰の住宅造り!

 

 

 

2018.12.8

新事務所も順調!順調!

段々と冬らしくなってきましたが、寒がりリキちゃん(現場監督)はエスキモー状態

営業の大ちゃんは半袖のポロシャツと社内でも色々な服装で仕事していますが

新事務所の現場も青い壁や白い壁などまだまだ全容が見えてきませんが順調に進んでいます。

 

 

更に外観ではポーチの天井や軒の天井にも木を貼って雰囲気を変えてみました。

玄関ドアも木製で可愛くなることは間違いない!

 

 

内部も昨日 セルロース断熱が終わり構造見学会を開催中!

 

 

外部と内部の温度差が 半端ないって!

体感してみて下さい。

 

沖縄と福岡でセルロースと漆喰にこだわった家づくり!

エージェイエフ

 

 

2018.10.29

I様邸見学会

いよいよ今週末となりましたAJFHOMEの完成見学会

今回は、ちょっとだけ内部の様子や準備中の風景をご紹介いたします。

オーナー様のこだわりの室内扉

各部屋ごとに塗分けされておりあたたかい雰囲気です。

ホールからダイニングスペースへの入り口はRの塗り壁です。

 

 

高さや素材、棚の位置など奥様のこだわりがつなったオリジナルの食器棚!

 

ダイニングスペースにも飾り棚を設置し、ご家族の思いでの写真など飾っていただきます!

 

これも、奥様のこだわり!

こんぺいとうのような可愛い照明が食卓に暖かい光を灯します。

準備中はこんな感じです。

弊社のコーディネーターがひとつひとつ飾り付けしていきます。

ショールームにあった机も展示のため運送屋(笑)の大地が運んできてくれました!

オーナー様の想いとAJFのこだわりを詰め込んだ注文住宅となっております。

気になった方や、ご興味ある方は糸島ドライブや牡蠣小屋のついでにぜひお立ち寄りください!


Iさま邸見学会

11/3(土)、4(日)  10:00~17:00

糸島市志摩芥屋1262-4

———————————————————————————————————————————————————————-

福岡 注文住宅 漆喰 セルロース AJFHOME

 

yamaguchi.

 

 

2018.10.4

休みの日はDIYをしています。

 

ご無沙汰しています大地です。

2週間もブログを更新せずにすみませんでしたm(__)m

僕のブログを楽しみにしてくださっている方々に

申し訳ない気持ちでいっぱいです…

しっかり部長に怒られたので許してください(;_;)

 

 

本題に入りますが、

『休みの日はDIYをしています』

なんて言ってみたいものですね(笑)

 

AJFの施工班は綺麗好きばかりなので

よく倉庫の整理をするのですが、

先日倉庫の整理をしていると

こんなにたくさんの廃材が(°_°)

ちなみに実際の量はこの写真の5倍くらいありました。

 

セルロースなどの置き場が無い為残念ながら

この木達は処分することになりました…

 

ですが!

その中にこんな綺麗で立派な一枚板がありました!

さすがにこれは勿体無い気がしたので

残しました。

こうやって捨てれないと

また溜まっていくんでしょうね(笑)

 

なので!

『休みはDIYをしています』

という方は是非引き取りに来られてください!

まずは私までお問い合わせを!!

 

以上

『休みの日は一日中寝ています』

大地でした〜♪

 

福岡 注文住宅 漆喰とセルロースの家

2018.10.3

家づくりの裏側✨少し公開♪

『みんなで1件でも多くの家族に快適な住まいを提供する』

これが、私たちの家づくりの想いです。

快適な住まいは私たちスタッフのみではつくれません。

住まいをつくる中で職人さんの力が大きいと感じます。

そこで今回は

家づくりの裏側を

少し公開しちゃいます♪

 

この間、倉庫に行ったときに会った

塗装をしてもらっているSさん。

今は30代半ば?くらいですが

AJFHOMEとの付き合いは

創業時からだそうなので12年位です。

 

職人さんをイメージすると

おじちゃんを想像するかもしれませんが…

30代半ばのイケメン

現場ではいつも笑顔。

もしくわ、

寝不足の顔をしています💦

いつでも連絡を取れるように

耳には携帯電話の

ハンズフリーをつけています。

今回は沖縄の住宅で取り付ける

玄関ドアの塗装中でした♪

 

窓の横に付ける飾りの塗装もしてもらいました。

水色!!

と思いますがこんな感じの予定です↓↓↓

 

完成も楽しみですが、

私は職人さんの道具を見ると写真を撮ってしまいます。

これは別の日でしたが

20本くらいのこの正体が何だろうと思い

そぉーっと引き上げてみました。

出てきたのは塗装で必要な刷毛

それも20本近くもあります!

素材や塗料や塗装する部分によって

同じ塗装でも道具を変えて塗装をしているそうです。

1枚目の玄関ドアは刷毛ではなく

ローラーで塗装していますので

道具の数が多いのがわかります。

道具を大切にしているのを見ると

すごくいい気持ちになります。

職人さんに負けないように

私たちスタッフも日々精進です。

 

次回も家づくりの裏側公開しますね☆

 

福岡 注文住宅 漆喰とセルロースの家

shiino

2018.8.23

無垢床材 ~ ボルドーパイン ~

今回は、床材の話し…

無垢のフローリング材と聞いて思い浮かべるのは、

国産で、杉・桧・栗…

外国産で、ナラ・パイン・バーチ(カバ桜)…

その他にも数多くの種類はあるのですが、無垢材はやさしい味わいと心地よい触感がいいですね

AJF  HOME  漆喰の白壁と無垢材オイル仕上げのやさしい味わい!

 

日本では、〝 松 〟 がパインにあたります

パインは世界中に自生する樹種で、産地によって名前や特徴が変わり、一括りで言っても

レッドパイン・ラジターパイン・シルバーパイン 等々様々ですが、

AJF HOME  の床材は無垢の ボルドーパイン が推奨です

【 ボルドーパイン 】

ボルドーと聞いて、お酒好きの方がまず思い浮かべるのは、ボルドーワイン!

フランス西部にある田舎町の名前です

そこの海岸沿いに自生する松が、ボルドーパイン なのです

では、ボルドーパイン の魅力

①【 木目の美しさ 】

木目や節がはっきり表れるため、オイル仕上げで吹き上げるた姿はホント美しいんです

AJF HOME はスウェーデンが本社の、【 Bona 】オイルを使用してます

※ 世界一厳しい自然素材基準クリア【Bona】オイルの詳しい話は、また後日…

【 堅い 】

パインに限らず針葉樹は基本的に柔らかいんですが、その中でも ボルドーパイン は堅い方なんです

室内も土足文化の海外で、床材として使用されるぐらいですが、もちろん木なんで、多少傷は付きますが、そこは味わい…

【 サイズが大きい 】

一般の無垢フローリングの寸法は、厚み 15mm! 幅 105mm! 程度ですが、

AJF HOME の ボルドーパイン は、厚み 21mm! 幅 170mm!

※この厚みが床に無垢材を使う上で、最も重要な意味を持つのです

【 経年美 】

〝経年劣化〟と聞くと悪いイメージですが、経年美を楽しむだとどうでしょうか?

「 家 」は家族と共に年数を重ね変化していくものです

もちろん、床だけではないのですが、必ずメンテナンスが必要となります

無垢材 ボルドーパイン の魅力を数点あげましたが、

床に木材を貼るフローリングが、もともと断熱材としての意味合いであったこと…

また、多湿な日本において、畳に代わる床材の調湿性能が重要であること…

次回は、無垢の床材は【 断熱材 】であり【調質材】である意味!!

厚みが重要になるのです