新着情報

記事詳細

2019.5.7

本社事務所兼モデルハウス「こもれびの家」ができるまで vol.1 ルーツに迫る

 

この土地に決めた理由は?名前の由来は?

こんにちは! AJFホームの広報担当です。
このブログでもちょくちょくご紹介している、3月に新築オープンしたAJFの本社事務所兼モデルハウス「こもれびの家」を改めて詳しく紹介するシリーズ。今回は場所を決めた理由や名前の由来などルーツに迫ります。

この場所に決めた理由

 

「ゆったりとした気持ちで過ごせるような場所に新しい社屋を建てたい」と土地を探していた折、とある空地を紹介されたのが、ちょうど1年ほど前。訪れてみると、土地のすぐ裏の川沿いに、とても美しい桜並木がありました。「それを見て即決だったね」と社長は振り返ります。1年後に地域の方やお客さまと社員みんながこの桜を眺めて楽しく過ごすことを思い描きながら、準備をがんばってきました。

「こもれびの家」という名の由来

 

 

きっかけは、一人の女性スタッフの思いから。この建物が建つずっと前、まだ何も手入れしていない土地を彼女が初めて訪れた時のことです。たくさんの木がうっそうと茂っていてここに新しい社屋ができるとはまだ想像もできないような段階でしたが、そこに日の光が差し込んでくる様子がそれはきれいに見えたそうです。「このこもれびのように、キラキラ輝く未来をお客さまと一緒に思い描ける温かい場所になれば」自然に湧いた彼女の思いに社員みんなも共感し、「こもれびの家」という名前が生まれました。

泊まれるモデルハウス

 

 

1階が本社事務所、2階がモデルハウスになっている「こもれびの家」。AJFのフレンチハウスで暮らす心地良さを少しでも感じていただきたいと、キッチンやバスルーム、ベッドまで「泊まれる」設備を整えました。ぜひ自分の家のように一晩過ごしてみて、使い勝手や住みやすさを体感してみてくださいね。

AJFの思いがたくさん詰まった「こもれびの家」。私たちの自慢の職場であり、ぜひ一人でも多くの方に見ていただきたいおすすめのモデルハウスです。気になる方は見学だけでもお気軽にお越しくださいね。

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!