新着情報

ブログ 記事一覧

2019.1.15

福岡 注文住宅 スペイン漆喰『塗り壁の家』vol,5

福岡  ・ 沖縄  自然素材に包まれた 注文住宅  AJF HOME

自然素材にこだわり抜いて、室内 壁・天井、外壁もオール塗り壁

『 本物の漆喰に包まれた やさしい壁の家づくり!! 』

塗り壁の『 下地 』について…

外壁の仕上げに塗り壁を選択した際、仕上げの材料である漆喰等を塗る前の状態、いわゆる『 下地 』にもいくつかの建材・工法がありますが、AJF HOME では、EPS(発泡スチロール)ボードを下地とする EIFS工法を標準仕様としています

下地がEPSボードの大きな利点として次の2点があげられます

① 下地が軽いことで、住宅全体の軽量化からの『 地震対策 』

② EPSボードが断熱材の役割を持つため、充填セルロース + 外貼EPS と、『 W断熱 』

簡単に書きましたが、AJF の「いい家づくり」は『 W断熱 』が標準仕様なのです

もちろんそれだけではなく、割れ防止にグラスファイバーメッシュをベースコートで塗り込み、壁全体を一つの面として強度を上げる施工技術の工夫もあります

次に内壁の場合には、エスタコウォール施工の際の大きな特徴として、下地のパテ処理が不要です

これも簡単に書きましたが、塗り壁で下地パテ処理が必要ない建材をエスタコウォール以外に聞いたことがないくらい特殊な材料なのです

塗り壁はもちろん、塗料・クロスにおいても、ボードの接手部分が凹んでしまうため(建築現場では『痩せる』という表現をよくします)、エスタコウォール以外の建材では必ずパテ処理が必要とされていますが、骨材として大理石の粒を混ぜ込んであるエスタコウォールでは、パテ処理が必要ないのです

AJF の「いい家づくり」では、塗り壁が仕上がると見えなくなってしまう、『 下地  』の材料選択や施工技術が重要だと考えますし、工務店さんを見学の際には、下地についてどこまで気を使って施工しているのか聞いてみるのも面白いかもしれません

次回は、塗り壁の最大の不安

「塗り壁は汚れやすい…」についてえすが、先に答えを書いておくと、

「本物の材料と間違いない施工をすれば汚れません…!」

↑【 AJF 新社屋 2月完成予定 】↓

 

割れ防止・地震対策 !】

一般に「塗り壁は地震に弱く、割れやすいというイメージがあります。」が、下地の作り方で地震にも強い塗り壁が仕上がります

現実に、AJFの社屋は築50年以上の木造アパートを4年前にリノベーションしています

 

外壁は既存塗り壁の上にモルタルで下地を作り、スペイン漆喰 エスタコウォールで仕上げています。もちろん、下地作りの際にメッシュ伏せこみ等、割れ防止の技術があります

内壁は既存の土壁を剥がし、新しいボード下地の上に直接仕上げています。パテ等の下地処理も無しです

熊本震災の際、福岡でもかなり揺れましたが、外壁・内壁共に剥がれはもちろん、割れもありませんでした

もちろんエスタコウォールが本物であり、良質の材料であることもあるのですが、それ以上に壁が仕上がってしまうと隠れてしまう『 下地 』も大事なのです

下地をただただ頑丈にすればいいのでもなく、頑丈にするため下地材を厚く塗りすぎると、「家全体が重くなる」というマイナス面も顔を出します

~ スペイン漆喰 エスタコウォール ~、

【 湿度の吸放出性能 】

本物の漆喰が持つ、〝 圧倒的質感の違いや意匠性のすばらしさ 〟はもちろんですが、

他にも、「本物のいい家づくり」に塗り壁が必要不可欠である理由は多々あります、

先ずは、漆喰 塗り壁の持つ、湿度の『吸放出性能』について…

『吸放出性能』というと難しく聞こえますが、要は家の壁が呼吸できる素材や、呼吸できる工法を選択しているかどうかです

家づくりでは、この『 壁が呼吸できること 』が重要なポイントと言えます

木造住宅の一番の敵は〝湿度〟です!

湿度対策が不十分だと、内部の柱や土台を劣化させる要因となる、カビ・コケ・腐食・シロアリの原因となるのです※木や建材の含水率によって劣化の要因が変化します

外壁や内壁の見える傷や破損は発見も処置も容易ですが、湿度による壁の中の劣化はなかなか気付きにくいですし、外壁や内壁の見える状態になれば、中はボロボロの状態である事が想像できます

もちろん壁が 単純に呼吸 するだけで良いのではなく、夏場 外部からの多湿な空気の対策には、断熱材の選択はもちろん、調湿性能を併せ持った防水シート(ウェザーラップ等)の選択も不可欠です

特に高温多湿な九州の「家づくり!」において、湿度対策は不可欠な要素だと考えます

室内の壁が、漆喰 塗り壁であると、

約70%を占める壁が「 呼吸する…」ことで、夏場は多湿な室内空間から湿度を吸い、

冬場は乾燥した室内空間(女性の方が敏感ですが…)に湿度を放出することで、年間を通して程度な湿度を自然に保ってくれます

また、塗り壁の性能を100%引き出すためにも、塗り方も重要で、好みや家のデザインにもよりますが、出来ればフラットな仕上げではなく、パターン(模様)を付けることをお勧めしています

それは、塗り壁の性能は表面積に比例するからです。出来るだけ表面積の多くなるパターン付けの方がフラットな面よりも塗り壁特有の性質を出しやすいのです

また、漆喰の主原料である「消石灰」の白い粉は、鳥インフルエンザ流行時等に、車両通り道や現場にて薬剤として散布されることからも有名ですが、本物の漆喰は強アルカリの性質を持ち、〝殺菌作用(空気浄化)〟に優れています

 

Ichirou …

福岡 沖縄 自然素材に包まれた 注文住宅

AJF HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.1.14

〜お仕事風景〜

こんばんは!寒い毎日が続いてますね〜

明日は成人の日ですね!

新成人の皆様おめでとうございます(^^)

僕も成人を迎えてはや10年…

そろそろ大人にならないと…ですね!

そんなこんなで、今日はお客様の打合せ風景を公開しますよー

10月にご契約頂いたお客様でただいま建物の仕様を打合せ中です。

平均的にご契約後で5回程度、2ヶ月くらいをかけて建物の仕様を決めていきます。

今日は10時〜17時までみっちり打合せさせて頂きました!笑

この後の予定としては、地鎮祭を行なって着工、棟上、完成となっていきます!

その間にも土地の決済をしたり銀行の融資の段取りとお施主様も意外と忙しいんです笑

AJFでは、土地探し〜融資手続き、建物のお打合せまでノンストップでお手伝いさせて頂いおります!

新年、そろそろ夢の注文住宅を…とお考えの皆様!

ぜひご相談だけでもお気軽に!

お待ちしております。

福岡 注文住宅 漆喰 セルロース

yamaguchi.

 

2019.1.11

今年も一年ご安全に!!

今年も仕事始め早々に、佐賀に熊本とセルロース断熱の施工に行っております。

ただいま熊本に出張中!3泊4日と家族に会えず寂しい夜を過ごしてますが、無事に終われるよう安全第一で施工に取り組んでます!

そして今日の夜は、セルロース班のメンバーで近くの居酒屋に親睦を深めに食事に行きました。

普段は話さない事を語り、結束力もより硬くなったかな〜

明日が最終日、集中を切らさぬよう完璧に納めよう!

それでは、怪我や事故が無いよう今年一年ご安全に!

 

…kento…

 

2019.1.7

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます‼︎

2018年はAJF homeの仲間に入れていただき、たくさんの方と出会わせていただき、またたくさんの方にお世話になり大変お世話になりました!

今年も一件一件、お客様と真剣に向き合い家づくりをさせていただきます。

本年もよろしくお願い致します。

さあ、新春のAJF homeのイベント情報です!

1月は早良区小田部にてお客様宅の上棟式【餅まち】があります!

詳細は、後日アップさせていただきますが、近年ではあまり見ることのなくなった上棟式での餅巻き

ぜひ、通り掛かりにでもご覧ください!

詳細は決まり次第アップ致しますので、ご興味ある方はお気軽にご参加下さい!

yamaguchi.

福岡 注文住宅 漆喰 セルロース

2018.12.19

沖縄弾丸日帰りツアー!

こんにちは、コーディネーターのshigetomiです。
今日は沖縄日帰り弾丸ツアーへ行ってきました。


残念ながら仕事です…。

プライベートだったら、ゆっくりツアーで行けたのですが…。
今回の目的は、沖縄で建設中のモデルハウスの漆喰仕上げの確認🏠


福岡と沖縄の左官さんのコラボで漆喰を塗ってもらっています。

そして、私もしっかり左官見習いしてきました。
漆喰にレンガ調のスタンプを押して、

存在感のある表情を出していきます。
ワンランクアップの映える壁が出来ました👏

沖縄モデルハウスも着々と完成に近づいています😁

沖縄滞在6時間、さぁ、最終便で福岡へ帰ろう✈
次は、ゆっくり満喫ツアーで行きたいな〜。

福岡 沖縄 自然素材に包まれた 注文住宅

AJF HOME

2018.12.12

12月の後半戦も頑張ります

やっと冬らしく寒くなってまいりました。

12月に入ると何かと気忙しく感じますが

年末に向けて、忘年会やクリスマス、年末年始と

イベントも目白押しですね✨

 

AJFHOMEの12月は…と言いますと

構造見学会が先日終わり、建築雑誌の取材あり、

地鎮祭や上棟があり、年末に向けてまだまだ

イベントがあります。

先日、M様邸の地鎮祭が行われました。

寒かったですが、雨は降らずに無事に終わりました。

これから家づくりの始まりです。

基礎着工をする上で、

AJFHOMEの

隠れた家づくりのこだわりのご紹介です。

 

基礎を着工するときに

地面の土に含まれる水蒸気を通さないために

直接触れないようにする為に

『防湿シート』

というものを通常張ります。

ポリエチレンやアルミ圧着フィルムでできており、

厚さ0.1㎜以上のシート状のものです。

 

私たちの家づくりで採用しているシートは

ターミダンシートといって、

シロアリからも守る機能が付いている

『防蟻・透湿シート』を採用しています✌

これで更にシロアリからも家を守ります。

 

基礎のコンクリ―トを打ってしまうと

見えなくなってしまいますが、

見えないところにもこだわりをもった

家づくりをしております。

 

今後の完成までお楽しみに♪

 

沖縄と福岡でセルロースと漆喰にこだわった家づくり!

AJFHOME

 

Shiino