新着情報

~家づくり通信~ 記事一覧

2018.8.16

~家づくり通信~Vol,3-1【お金のこと】

家づくり通信も3回目です!

yamaguchiです。

今回は【お金のこと】を少しずつお伝えしていければと思います。

お家を建てるにあたってみなさん気になるところはやっぱり”お金’’かな?と思います。

土地+建物=住宅の資金とお考えの方も多いかと思いますが、実はそれ以外にもお金ってかかってくるんですよね~

例えば、銀行融資の経費や土地購入時の解体・造成費用、あとは土地や建物を登記する費用や引越し、家具・家電の購入費用なんかもかかってきますね。

土地の値段や建物の大きさによっても変わってきますが、大体土地+建物の購入費用の3~5%位が諸経費として必要になってきます。

建売住宅でも同じようにかかってくる費用もあるのでご購入を検討されている方は、販売価格+3~5%を想像しておいた方がいいかと思います。

あとは、住宅の購入はほとんどの方が生きてるうちに1回しか行わないと思いますし、金額も見たことのない額になると思います。(笑)

なので、総額で考えてしまうとどんどんテンションが下がってしまいます(笑)

そこで、僕たちからのご提案として…

今、住宅を購入される方の9割以上は住宅ローンをご利用になられると思いますので、【月々の支払い】から検討してみてはいかがでしょう?ということです!

今のお家賃+いくらまで支払えるのか

光熱費の考え方

ランニングコスト

を踏まえてお金の計画を立てていきましょう!ということですね。

AJFhomeは、トータルバランスを考えた無理のない【お家づくり】をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

今週末8/19(日)は当社の糸島モデルハウスにて無料の相談会も開催しますよ!

是非ご来場お待ちしております。

次回も、【お金のこと】住宅ローンや、[借りれる額]、[払える額]について書いていきます。

yamaguchi

 

2018.8.9

~家づくり通信~Vol,2【土地のこと】

恒例?の~家づくり通信~やっとVol,2です(笑)

…更新できてませんでした。すいません…yamaguchiです。

前回は【お家づくりの始め方】についてお話させて頂いたので、今回は【土地のこと】についてお話出来ればと思います。

なぜ、2回目が【土地】なのかというと…土地がないと家が建てれないんです!

現在、住宅を検討される方の8割は土地から検討をされている状況なのですが、いくら気に行った住宅会社、ぴったりの建物に出会っても土地がないと建築ができません。

そこで、今回は【土地のこと】で土地を探すポイントについてお話させていただきます。

マイホームが欲しいな…と思い始めた方で土地を探そう!と思われた皆さんが気になるところ…

場所、値段、広さ、交通アクセス、周辺環境…などですよね。

はい、全部揃った土地は、残念ながらなかなかありません…

もしあれば奇跡に近いので即買いです!(笑)

土地の価格は高騰していますし、人気エリアをインターネットに出る前に売れてしまう状況です。

そんな中でも、良い土地に出会う方法は、①優先順位をつけて探す②不動産屋さん、住宅会社を訪ねてみる③ドライブ!

です。説明させて頂くと、

①優先順位をつけて探す

さきほど、お伝えした通りなかなか100点の土地はないのが現状です。

そこで、土地に[求めること]を書き出してみてその中で、絶対に譲れないものを決めましょう!て、ことですね。

値段なのか場所なのか、金額なのか、はたまた環境か…優先順位を1~5番くらいまで付けて妥協出来るところを探して行きましょう!てことですね!

②不動産屋さん、住宅会社に尋ねてみる

これは、説明不要かもしれませんが、業者さんによっては、紙面に出していない情報、インターネットに掲載される前の情報を持っている場合があります。

また、住宅会社さんは、仲の良い不動産屋さんから上記の様な情報が回ってきたり、自社で土地を購入しているところがあったりするので、ねらい目です!当社もありますよ!未公開情報(笑)

③ドライブ!

これが、実は意外といいです(笑)

自分が欲しい場所の周辺をぐる~っとドライブすると意外と[売地]の看板や、[売家]の看板を見つけることができますよ!

看板が〔売家]になってても建物の程度によっては[更地渡し]とかもあるので、問合せてみるのがお勧めです!!

また、欲しいエリアをドライブすると病院や、郵便局、スーパーなどの周辺環境の再確認や新たな発見にも繋がるので「やっぱりこの辺まで離れても大丈夫そう」や「もう少しこっちのエリアでも…」とかも出てきやすいです(^^)

[土地探しドライブ]おすすめしますよ~(笑)

次回は、【お金のこと】について書いていこうかと思います。

お金のところは何回かに分けてお伝えできればと思っおりますので、是非ごらん下さい!

最後に【おすすめ土地情報】です

早良区賀茂二丁目 49坪 角地 で新着土地情報あります!!

角地で高低差もなくなんと野芥駅まで徒歩5分!

気になる方はこちらまで→ (https://www.f-takken.com/?nmd=4021&b=98692034&flg=1)

2018.8.8

フィンランド研修旅行

こんにちは、インテリアコーディネーターのshigetomiです。

今回から”コーディネーター便り”の枠で新たに連載!?始めます(^^)

記念すべき第一回目は、先週行ってきた”フィンランド研修旅行”の様子を

お届けします。

 

今回の研修旅行の目的は、フィンランドの住宅フェア―視察と本物のデザイン&インテリアに触れる事。

そして、全国から集まる工務店の方々とコミュニケーションを図る事です。

さぁ、憧れの地!いざフィンランドへ~🛫✨

 

【フィンランド住宅フェア―編】

今回のメインイベントであるこの住宅フェア―は、フィンランドで年一回開催される大規模な

住宅博覧会です。

33棟の住宅や保育園、高齢者用住宅等が建ち並び、それぞれに個性のある建物でしたが、

境界の取り方や庭の魅せ方に統一感があり、解放感とフィンランドの自然を感じられる街並みと

なっていました。

    

解放感のある大きな窓と広々とした空間。

シンプルだけど絶妙なバランスの色使いのインテリア。

 

 

     

厳しい冬が過ぎ、暖かな春を迎え、いよいよ夏のシーズンが到来すると、

庭やバルコニーでは白夜を楽しむサマーパーティーの始まり~♪

 

 

  

1家に1台のサウナは当たり前。

庭に作られた特別仕様のサウナも!!

 

 

     

外観はモノトーンを基調としたシンプルモダンな雰囲気が多かったです。

私が思い描く北欧の家は、エンジやグリーン、ブルーの色合いの外壁でしたが、

そんな外壁色を使った家は、この住宅フェアーではほとんど見受けられませんでした。北欧でも今の流行りはシンプルモダンのようです。

 

この住宅フェアの視察で、北欧の方々の住まいに対する考え方や文化に触れる事が出来ました。

そして、暮らしに楽しさと彩りを与えるインテリアの魅せ方を勉強しました。

今後のAJFHOMEの家づくりに大いに取り入れて行きたいと思います。

 

次回は世界遺産ラウムの木造住宅旧市街の様子をレポートします~♪

お楽しみに!

shigetomi

2018.8.3

のどが渇いた~『 鳥兆 』へGo!

今週の水曜日に倉庫整理で一日中、棚を作ったり材料を移動させたり

汗だくだくになりながら、奮闘して倉庫整理もあと少し!

あ~ビールが飲みたい!焼き鳥が食べたい!ってな事で

福岡市早良区 原にある『 鳥兆 』へ仕事の仲間とレッツゴー!

久々に行きましたが、やっぱ美味しい(^^♪

僕のおすすめは、カンパチ刺しとマルチョウです!(^^)!

お店の方も元気いっぱいで雰囲気も良く、お客さんも満席状態!!

自然とお酒も進み、会話も弾み、楽しい時間を過ごしました~( ^)o(^ )

 

・・・・nakayama・・・・

福岡の注文住宅、新築、戸建てはフレンチスタイルのAJF HOME

 

 

 

2018.7.31

イベント風景~お昼寝アート~

こんにちは!AJFのyamaguchiです。

今回は、7/28に開催しましたイベントの風景をご紹介します。

今回のイベントは、今大人気の【お昼寝アート】をメインに【ポーセラーツ体験】【タイルde写真立て作り】を開催しました。

AJFのショールームで開催したんですが、有難いことにご予約もいっぱいで大変賑わってました。

お昼寝アートは小さいお子様がいらっしゃるご家庭に大人気で、毎月参加される方も多いそうです!

お昼寝アート協会のアーティスト”たがわさん”にお越しいただいて、暑中見舞いのアートを作って頂きました!

ひまわり畑の中にハチ(お子様)が飛んでるイメージですね!

キレイに撮れる方法も説明して頂いて、パパさん、ママさんが一生懸命撮影されてました

出来上がりはこんな感じですね!ん~インスタ映えしますね!

家族みんなで撮ってくださるかたもいて、いい写真撮れてましたよ~

 

他にも撮った写真を飾れるタイルを使った【写真立て】づくりも人気でしたよ

お子様も、パパさん、ママさんも楽しく作られてました!

 

食器やタイル材にシールを貼って焼き上げる【ポーセラーツ】もみなさん楽しんで体験されてました。

世界にひとつしかないものが自分で作れるところがいいですね!

 

こういったみなさんに喜んでいただける、また来たいと思って頂けるイベントをどんどん開催していこうと思っておりますので、気になるイベントがある時はお気軽にご参加ください(^^)

来月は【お昼寝アートVol,2】…かも!?

詳細は改めてご報告致します。

皆様のご参加お待ちしております♪

 

2018.7.28

【 漆喰 】塗り壁であるワケ vol,3

営業の 勝 伊智郎 です

建築の間違った常識として、「塗り壁は汚れやすい…」と思われています

正しくは、「なんちゃって商品の〝塗り壁風〟は汚れやすい…」です!

ヨーロッパの街並みをイメージすると分かりやすいのですが、美しい街並みが容易に頭に浮かびます!

でも美しさを保つために、外壁の洗浄をしているわけではないのです

【 ↑「加布里モデル」2F窓より見える、白壁の街並み… 】

では何故洗浄しなくても美しさを保てるのかは、漆喰 の 強アルカリ多孔質 の特性が下記2点です

① 殺菌作用 ※強アルカリで汚れを分解・浮かす

② 自浄作用 ※降雨時、多孔質の中を流れる水量により自ら汚れを落とす

と汚れにくい特性を自然に持っているのです

ちなみに、鳥インフルエンザ等 疫病が流行した際、車道等に散布される〝白い粉〟が漆喰と同じ原料の消石灰で、強アルカリの性質により、強い殺菌作用を持ちます

塗料でも同じような特性の建材として 光触媒 があります

光触媒の性質を簡単に説明すると、①紫外線で分解 ②親水性で自浄 はするのですが、どうしても紫外線劣化がつきものです

この自然の自浄作用を発揮するためには、次の2点が大事になります

① 正しい材料 ※本物の自然素材で静電気を帯びない

② 正しい施工 ※一定以上の厚みをもたす

【 ↑ AJF 会社の外壁は、4年前にリフォームで土壁の上から塗り替えましたが、4年たった今でも、美しい白さを保ってます 】

つまり、

本物の漆喰 で 正しい施工 をすれば、塗り壁は汚れにくいのです

ただ、汚れないワケではないので、住宅のプロとして、

「汚れの付きにくい建築の工夫」は随所にありますが、それはまた次の機会に…

次回は「塗り壁は割れやすい…」について

これも先に言っておくと、

「割れは下地の作り方次第しだい…」

なんでもそうですが、表面だけでなく中身が大事なんです…