新着情報

社長のつぶやき 記事一覧

2018.10.17

うちの大工は頼りになる!

いよいよ沖縄のモデルハウスも基礎工事が完成して

大工工事の開始です。

今回は福岡から精鋭の大工さんを4人と電気屋さんで棟上げから外部の納めまで!

初日は雨の中、ずぶ濡れになりながらも無事に終了!

 

 

 

資材もほぼ福岡から入れているので資材の荷下ろしも手降ろしとなかなかのハード!

しかし、現場を離れて夕食にはお酒を飲みながら仕事の夢や希望の話!

福岡と沖縄で注文住宅の仕事をするのは大変だが仲間がいる事に感謝をして

 

アリ〜(沖縄の方言で乾杯〜)

 

福岡と沖縄で漆喰とセルロースを使った注文住宅の会社です。

2018.10.8

沖縄のモデルハウス 基礎工事

沖縄のモデルハウスも基礎工事がもう少しで完成!

沖縄での基礎工事に気を使う点はズバリ シロアリ対策が第一

福岡の防蟻工事会社さんは、強い薬品系のシロアリ工事を行わないと沖縄はダメですよ!

との事でしたが当社の家づくりは自然素材を使った家づくりなのでそれはNG

そこで福岡で使っているターミダンシートを防湿シートとして使う事

このシートは簡単にいうとシロアリが触れると痺れてしまうという代物。

更に、これだけでは心配なので沖縄の工務店の社長から教えて頂いた

犬走りが有効との事なので犬走工事も施工して外部のシロアリ工事はバッチリ!

内部にはホウ酸系の防蟻材を散布してエージェイエフの標準施工は完了。

これで大丈夫という施工ではなく二重三重の安心をカタチにしていく事が、

沖縄でのエージェイエフの家づくりです。

 

いよいよ棟上!

新しい土地なので少し緊張感がいつもより高まってきました。

漆喰とセルロースで沖縄にも一大旋風を巻き起こしてきます。

2018.9.22

二週続けての沖縄入り~

新天地で工務店を始めるのは大変ですね!

もう何10回、何100回と繰り返しやっている事だがところ変わればやり方も変わる、

地域が変われば福岡の常識も通じなくなるものですね。

思い起こせば起業したときの13年前も今のように現場で職人さんたちと

繰り返し、繰り返し打合せをして、お客様の満足して頂くことを考えていたことを思い出します。

営業をして、図面書いて、現場打合せして、現場の管理して

そう考えるとスタッフも増えて各担当に仕事を振り分け、当社の住宅造りも

変わってきて、精度も上がり かなりお客様にも満足して頂いていると思えます。

この調子で沖縄でもこの大変さも乗り切って福岡のスタッフに負けないメンバーで

軌道に乗せていきたいな~

その為には精力を付けないといけないので。。。

 

ソーキそばの2連日

 

南部そば

 

続きまして いーばる家

 

さて、違いが判りますか? どっちが美味しかったと思いますか?

 

福岡 注文住宅 漆喰のエージェイエフ 小畑でした。

2018.9.15

昔と今

昔と言っても20年前くらい前から木造住宅を手掛けるようになりましたが

初めて担当させてもらったお客様の家は、断熱材はグラスウール

外壁はモルタルの壁にリシンの吹付、お風呂はタイルのお風呂で

サッシもシングルガラスと高性能とは程遠い住宅でしたがこの仕様が一般的な住宅でした。

それからサイディングがオプションで現れて、ユニットバスもオプションで出始めましたが

記憶が確かではありませんが追加工事代として100万円以上頂いていたと思います。

次がペアサッシと続々と高性能な住宅建材が現れてきたのが、15年前だったと思いますが、

実は15年前から私の建てた家は全てがセルロース断熱の家!

ふり返ってもかなり最先端の住宅造りをしていたなと昔を懐かしく思い出しながら

沖縄での住宅も最先端の技術を提供していこうと思っています。

 

福岡 注文住宅 漆喰 のエージェイエフでした。

2018.9.8

日ごろの向上心が大切!

当社は住宅会社であるが建材商社でもあり、職人をかかえる職人会社でもある。

各担当が自分の担当する業務の知識はわかるがエージェイエフの社員として

お客様の信頼を頂くことは難しいだろう!

例えば、職人にお客様が商品の説明を求められて答えられなかったりすると

お客様からするとエージェイエフに頼んで大丈夫なのかなと思うだろうし

社内の業務はお客様はわからない事であって、お客様がわかる事は

エージェイエフ社員という事はわかる筈である!

説明が長くなったがその為に当社では定期的に全社員参加で勉強会を開催している。

今回は、新しい社員も増えてきたので、

創業の想い!「何故 エージェイエフという会社が出来たのか!」

「アップルゲート ジャパンで日本一の会社になった!」

「エスタコウォール 漆喰との出会いが住宅造りの楽しさを思い出させてもらった!」

「海外研修の発表会」

と「エージェイエフの基本性能」の勉強会など

一日かけての勉強会でしたがためになったのではないでしょうか!

 

 

その後は新入社員の歓迎会 安定のエージェイエフの飲み会である。

 

携帯のアプリで顔を変えてみた(笑)

小平の顔の大きさが目立つ結果となった!

 

福岡 注文住宅 漆喰のエージェイエフ 小畑

 

 

 

2018.9.1

住宅プランを作るこだわり!


当社の住宅のプランは私が全部作っていますがそのプランには

色々なこだわりがあります。

サラリーマン時代からずっとプランを作っていますが家の性能によりプランは変わっていきます。

サラリーマン時代はというより断熱材がグラスウールの時には「吹抜は絶対造ってはいけはい。

リビング階段なんて絶対ダメ!」

そう教えていたのが、当社の高性能な家では「吹抜を絶対取った方がいい、

吹抜が取れないなら絶対にリビング階段!」

造る家が変わると教え方も変わるものですね!

ようやく当社にも私の一番弟子がプランを作りようになったのでこのように指導していて、

次回の建売住宅は一番弟子のプランを採用予定です。

しかし、流行だからリビング階段がいいとか、開放感があるから吹抜を取ろうと考えている方は、

先ずは、気に入った工務店が決まっても工務店がどのような性能の家づくりをしているかで

プランを変えないと後悔する家づくりになりますよ!

今回お伝えしたいのは、性能を上げる事が全てではなく、

プランを充分考えないと【冬は寒くて、夏は暑い】家づくりになりますよっていう事ですね!

そして、これは高性能な家にも当てはまるのでお気を付けください!

 

沖縄のモデルのプランをチョット紹介!(笑)