新着情報

記事一覧

2019.8.17

男たちの夢

何年前の写真かな?

 

 

指の先には何があるんだろう?

【 沖縄? 】

 

冗談はさて置き、この三人で毎日のように夢の話をしていたなぁ~

夢はアップルゲートで日本一になる事。。。

六年たった今は...

「 念願どおり日本一のセルロースの会社になれた。 」

 

夢を人に語らない人や先の事を考えない人など色々な人がいるが、

私は自分の夢を語り、多くの方を共感者になってもらって夢を叶えてきたが

少なくとも私一人では叶えることができなかったと思う。

共感者探しは共感と強要を間違うとパワハラと捉えられるので、

私は共感してもらえるように努力してきた。

 

話をするのではなく想いを伝える。

話をするのではなく実践してみせる。

話をするのではなく同じ舞台に立つ。

 

多く話をしたからコミュニケーションが取れていると勘違いしている人がいるが

話を相手に伝えないと相手には自分の想いは伝わらないし、

やり方を何度も話をしをするよりも実践してみせる事が一番わかりやすい。

そして、自分だけが一番になるのではなく一緒に一番にならないといけないと思う。

 

 

この二人は共感者なのだろうか...

 

沖縄と福岡でセルロースを漆喰にこだわった注文住宅のエージェイエフ

 

2019.8.10

セルロースのポイント!

当社は開業よりセルロース断熱工事を中心に事業展開を行ってきました。

なので社名も

 アップルゲート

 ジャパン

 福岡

エージェイエフはアップルゲートセルロース断熱の会社として始まりました。

アップルゲートのセルロース断熱は特殊な技術力も必要ですが、

その技術力を最大に引出すためにはマシーン整備が不可欠です。

 

 

これはマシーンからセルロースを押し出す部分のラバーの交換!

ゴムで出来ているので夏場の消耗は激しいので、ヒドイ時には2現場で交換することもある。

マシーンの肝である。

 

 

この写真は解りにくいがブロワーの中の羽部分の清掃

これを怠るとセルロースを吹出す力が弱まるので作業効率に大きく左右する。

 

 

これはセルロースを運ぶ、ホースの清掃

ホースの溝にセルロースが詰まってくると材料の出が悪くなるばかりか施工精度にも左右する。

年間200棟以上のセルロース断熱の外注工事をこなしていけるのは、上記の日々のメンテナンス作業を

怠らない事により、アップルゲート セルロース断熱の施工品質を保たれています。

2019.8.3

夏の思い出!

毎年 業者会旅行に6月~7月に行っています。

会社に関わりのある土地に赴き、会社がどのように発展してきたのか

今後どのように発展していくのかなどの業者さん達に感じて頂いて

何でこんな面倒くさい方法をするんだろうではなく、うちは訪問先の会社より

工夫して追い越せるように工夫しよう! こんな歴史があったんだなど...

今回の目的地は三重県!

エスタコウォール 漆喰のメーカーであり、住宅づくりの見本にしている会社さん

プロホーム大台という日本一の会社!

更に社長さん自ら観光バスに同行して頂き2日間の業者会の旅行でした。

当社の旅行といえば!

 

 

とにかく賑やか!

前の方ではお酒を飲んでいないが後ろのメンバーは飛行機に乗る前から酒盛り!

 

 

二日目も伊勢神宮のおかげ横丁で地酒の立ち飲み屋を貸し切り!

 

更にプロホームさんでは、おもてなしのバーベキューでまた飲んで!

 

 

私のこだわりはお酒を飲むときには仕事の話をしない事!

飲んだら気持ちも大きくなったり、日ごろ言えない事を言おうとしたり

気持ちいいものではない事が多いので、飲んだ時にはニコニコ楽しい飲み会。

バスの中でも、ホテルでも観光地でもどこでも笑い声が絶えないのがうちの旅行!

 

締めはみんなで今後の抱負を大声で発表!

 

 

プロホームの皆さんには休日返上でのおもてなし

ありがとうございました。

みんなの想いが伝わった楽しい業者会旅行でした。

 

 

沖縄と福岡で漆喰とセルロースにこだわった家づくり!

2019.7.20

旧事務所の解体!

新事務所に引っ越してもう半年になろうとしています。

当社の最新の技術で出来た事務所なので快適なのは当たり前なのですが

引っ越す前の旧事務所は築50年以上の古いアパートを社員みんなで改装した事務所でした。

 

 

久しぶりに昔の写真を見るとよく改装しようと思ったなと思います(笑)

 

でも、仕上がりは。。。

 

 

別物ですね!

 

内部もみんなで塗装したり照明付けたりと新鮮でしたね!

 

 

4年しか使っていませんが自分たちで作った事務所だったので

愛着があり、まだ少人数だったのでみんなが近い関係だった事務所!

当社の自慢の断熱材もセルロースを入れたり、内窓を付けて、漆喰を塗って!

寒さ対策など、他社ではなかなか出来ないリフォーム工事だったと思います。

 

しかし、近夏には当社の分譲地に生まれ変わるために解体が始まり

少し中を見ると。。。

 

 

かなり解体も進んでいて。。。

寂しい気持ちになりましたね

気持ちを切り換えて、新しい家族方が快適に暮らす素敵な住まい作りの

お手伝いができる事を楽しみに頑張っていきます。

当社は新築工事しかやっていないようですが

実はリノベーションも得意なんです。

マンションのリノベーションモデルも来週からオープンしますので

ご観覧をご希望の方がいらっしゃったらお問い合わせください。

 

沖縄と福岡でセルロースと漆喰にこだわった家づくり!

 

 

 

 

 

2019.7.13

やっていい事とやってはダメな事!

今 沖縄では空前の木造住宅ブームと言っていいほど

木造住宅の現場が沢山あるが万年の職人さん不足!

現場が止まったり、工期が異常にかかったりと職人さん達が奮闘しているが

どうしても許せない現場を目にしたので言わずにはいれない!

 

 

 

サッシ収まり、防水シートも張って有り、胴縁までやっているのに

屋根の下地のルーフィングを貼ってないのである。

誤解してほしくないが他社を批判したいのではなく

沖縄で一生懸命 木造住宅をやっている住宅会社や職人さんの未来を

潰してほしくないからである。

お金の為に沖縄で家を建てているのはいいが職人さんの手が回らないまで

やる必要があるのだろうか?

梅雨の時期に屋根の防水処理もしないで大工さんが入ったり、色々な職人さん

が入って完成だけすればいいのだろうか?

大工さんに頼めば手間はかかるがやってくれるのが職人さんだと思う。

この現場を見た時に沖縄の人達のためにいい家を建てようよと思ったのは

私だけなのでしょうか?

 

沖縄と福岡で漆喰とセルロースにこだわった家づくり

2019.6.22

迷走中…

住宅つくりに迷いなし!

セルロース断熱と出会って17年になるが17年前から断熱材では

一度もセルロース以外の住宅を建てた事がなく

漆喰と出会って6年になるが6年前から一度も漆喰以外の家を建てた事がない。

その間に多くの人と出会い、お客様に喜んで頂ける住宅の話を沢山してきて

話をするたびに、やっぱり 私の建てる家は間違いないと思う。

自己満足ではなく、確かな手ごたえを感じているが…

人間関係には、最近迷うことが多くなってきた。

無責任で大した努力もしてきていないのに人が仲間を利用して

一生懸命やってきた仲間の残念な行動に…

さすがに迷ってしまう。

新事務所が出来て、沖縄モデルのオープンなど今からってときに

休みナシだから少し疲れたかな…

早めに休んで明日も頑張るぞ〜

 

モデルはスギちゃんと大ちゃん 今の気持ちはこんな感じですね!