新着情報

2018年11月 記事一覧

2018.11.13

福岡 注文住宅 スペイン漆喰『塗り壁の家』vol,1

福岡 の 注文住宅  AJF HOME は、自然素材にこだわり抜いて、

室内は壁・天井まで、外壁もオール塗り壁 の 『本物の漆喰に包まれた やさしい壁の家づくり』!

~ スペイン漆喰 エスタコウォール ~

本物の漆喰が持つ、〝 圧倒的質感の違いや意匠性のすばらしさ 〟はもちろんですが、

他にも、「本物のいい家づくり」塗り壁が必要不可欠である理由は多々あります、

先ずは、漆喰 塗り壁の持つ、湿度の『吸放出性能』について…

『吸放出性能』というと難しく聞こえますが、要は家の壁が呼吸できる素材や、呼吸できる工法を選択しているかどうかです

AJF HOME の家づくりでは、この『 壁が呼吸できること 』が重要なポイントと言えます

 

住宅の一番の敵は〝湿度〟で、

〝 湿度 〟対策において『壁が呼吸できること』が最重要なのです

湿度は内部の柱や土台を劣化させる要因となる、カビ・コケ・腐食・シロアリの原因となるのです

もちろん壁が 単純に呼吸 するだけで良いのではなく、夏場 外部からの多湿な空気の対策には、断熱材の選択はもちろん、調湿性能を併せ持った防水シート(ウェザーラップ等)の選択も不可欠ですが、その話しはまた次の機会で…

特に高温多湿な九州の「家づくり!」において、湿度対策は不可欠な要素だと考えます

室内の壁が、漆喰 塗り壁であると、

約70%を占める壁が「 呼吸する…」ことで、夏場は多湿な室内空間から湿度を吸い、

冬場は乾燥した室内空間(女性の方が敏感ですが…)に湿度を放出することで、年間を通して程度な湿度を自然に保ってくれます

また、塗り壁の性能を100%引き出すためにも、塗り方も重要で、好みや家のデザインにもよりますが、出来ればフラットな仕上げではなく、パターン(模様)を付けることをお勧めしています

それは、塗り壁の性能は表面積に比例するからです。出来るだけ表面積の多くなるパターン付けの方がフラットな面よりも塗り壁特有の性質を出しやすいのです

また、漆喰の主原料である「消石灰」の白い粉は、鳥インフルエンザ流行時等に、車両通り道や現場にて薬剤として散布されることからも有名ですが、本物の漆喰は強アルカリの性質を持ち、〝殺菌作用(空気浄化)〟に優れています

次回 vol,2 では、

湿度の中でも怖いのが、『 夏の逆転結露 』

 

Ichirou …

福岡 沖縄 自然素材に包まれた 注文住宅

AJF HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.10

沖縄モデルの小物制作!

いよいよ来週から沖縄モデルも漆喰工事とセルロース工事の開始です。

内部はセルロース工事が終わるともう完成は間近!

外部も漆喰が終わると足場の解体を残すのみと急ピッチに工事が進んでいます。

完成のタイミングに合わせて色々な仕上げ材が必要になりますが、

今回は制作モノの紹介!

準備したのは綿のロープを5mと大きめの鍋、ガスコンロ

 

 

その中に黒い液体を注いで、

 

 

グツグツ30分煮詰めると

 

 

 

白い綿のロープが麻のロープに変わりました。

手触りは綿の手触りで見た目は麻のロープ!

陰干しして乾燥すると出来上がりです。

黒い液体はコーヒーでこの方法をコーヒー染といいます。

このアイテムはどこに使うのでしょうかね?(笑)

 

更にこのアイテムには下の部材が必要です。

 

 

輪にロープを潜らせて完成です。

どこに使ったかはモデルルームでご確認を!

 

福岡と沖縄で漆喰とセルロースにこだわった注文住宅の会社!

 

 

 

 

 

2018.11.7

福岡 注文住宅 セルロース断熱へのこだわりvol,4

高温多湿な福岡(日本)において、

木造住宅の特質と、気候風土に最も適した断熱材が、『 セルロース断熱 』!

で、セルロース断熱の中でも、施工品質の高い製品が、『 アップルゲートセルロース断熱 』だと考えます。

最近 住宅のTV CM から、
「 ちゃんと断熱考えましょう〜」とか、
「 高性能住宅 」や「 省エネ住宅 」とか言うフレーズをよく耳にするようになりました…

住宅の断熱性能を左右する大きな要因として、【 窓 】・【 断熱材 】・【 換気 】の考え方が重要です

いろいろな素材・工法がある『 断熱 』の中でも

自然素材にこだわりぬいた、『 アップルゲート セルロース断熱 』を知ってますか?

セルロース断熱とは、古新聞紙をリサイクル原材料とした、自然素材100%の木質系の断熱剤です

断熱性能を考える時に、断熱材自体の素材性能はもちろんですが、次の3点の施工性能が重要となります

① 隙間率 壁の中にビッシリ、隙間や空気層を作らないこと

② 壁全体の断熱材が同密度であること

③ 施工状態を目で見て確認出来ること

アップルゲート セルロース断熱は、壁の施工方法も独特で、セルロース断熱の中では独特な吹付け工法!(ウォールスプレー工法)を採用してます

ノズルの先から、粉砕した新聞紙と霧状の水分を同時に吹き付けます。

原材料にはコーンのデンプンが混ぜ込んであり、霧状の水分で〝ノリ〟に戻すことで壁へ付着させます

接着剤を使わない点も、自然素材へのこだわりです!!

次に、柱から飛び出た部分を、ゴム製のローラー(スクラバー)で圧力をかけながら表面を柱面と均一に仕上げます

これで、壁の中でもに一切空気層の無い施工が可能となります

アップルゲート セルロース断熱の仕上がりは、自分でいのもなんですが、「ホントに美しいです」!

そして、断熱効果はもちろんですが、もっと面白い効果をアップルゲート セルロースは持っていて、それが 調湿性能です!!

私たちの「いい家づくり!」では、壁が呼吸・調湿することが重要と考えています

高温多湿な日本において、住宅を劣化させる原因の一番は湿度なのですが、

なぜ湿度が怖いのかは、「壁体内結露」という現象がポイントとなりますが、それはまた次回!

 

Ichirou

福岡・沖縄 注文住宅

漆喰とセルロース断熱の家

AJF HOME

2018.11.3

沖縄モデルの小物をショッピング~

うちの住宅に似合う小物を探しにアンティークショップへ

当社でやっていたカフェの小物も色々お世話になった「振子 アンティークショップ」へ

フラリ立ち寄り店主の方とお話しているとお気に入りのものを発見!

 

 

 

 

 

 

玄関の正面に入れるステンドグラス 私が気に入ったのはどれでしょうか?

正解はモデルハウスにご来場ください。

 

更に更に奥に行くとまたまた怪しいモノが!

 

 

ただの木枠ですが私の中では枠なだけにワクワクが止まりません!(笑)

即購入!

出来上りをお楽しみに〜

 

まだまだ!

 

 

アンティークのドア!

 

大工さんが見たら何をやらせる気だと思うだろうな~

でも、沖縄にはないカタチを作りたいので大工さんは理解してくれるはず!

会う前にプチ告知をして明日からまた沖縄ですよ!

 

沖縄と福岡で漆喰とセルロースの注文住宅の会社 エージェイエフ!

 

2018.10.30

上棟式と餅まき

子供の頃によく見かけていた餅まき!

一戸建てを建てる中で、

最近ではほとんど見かけなくなってしまった行事の一つ!

更に現場での宴も見かけなくなりました。

なぜ見かけなくなったかというと諸説あると思うので自論としては、

無駄をなくすという考え方で大手ハウスメーカーや建売住宅会社などが

無駄の一つで餅まきをなくしていったのだと思う。

営業時代に何度も餅まきをしましょうとお客さんに話をすると

大手ハウスメーカーではそんなのに無駄なお金を使わなくていいなど

地場の工務店は無駄なことをさせているというトークがあったようだ。

建売会社はそもそもお客さんが付いていないときに建ててしまうので

餅まきなどは必要ないのだ。

私としては、家を建てる事はご夫婦の一大事業!

その姿を子供さん達の記憶に残る餅まきは楽しい思い出になると思う。

キャンプや旅行などは何度も何度も出来る事だが、上棟式の棟上は

一生に一度の事だと思うので今後も是非ともお客様には

餅まきを推奨していきたい。

 

5円玉に赤い布を通して準備中!更に~

 

赤い袋には500円を入れて!

景気よく 行きますか!

 

多くの人が集まるといいな~

11月9日 福岡市早良区脇山 当社 新事務所の棟上!

漆喰とセルロース 福岡と沖縄の注文住宅の会社

エージェイエフ

2018.10.24

本物の心地よさ♪北海道基準をクリアした暮らし

住みたい家ってどんな家ですか?

私はデザイン・性能・価格が満足する家に住みたいなぁと思います。

なんせ欲張りなので💦

 

私たちが提案する住宅は

基準の厳しい北海道の基準をクリアするほど

性能が高い住宅なんですよ♪

それも、仕様変更などは行わず

基本仕様のままです!!

 

2020年には新築の住宅には省エネ基準適合が義務化されます。

これが何かというと

断熱性能を表す外皮性能基準

エネルギー消費性能を表す一次エネルギー消費量基準の基準の

両方をクリアする必要があります。

そのうちの外皮性能基準についての話です。

 

外皮性能とは

外気に接する部位から熱がどの位逃げるか?と

冷房期に室内にどの位熱が入り込むのか?

の二つの基準があり、

北海道から沖縄では気温や湿度が全く違うので

日本を8つの区分に分けた地域区分により基準値が規定されています。

更に簡単に言うと…

窓や外部の壁から部屋の熱がどれだけ出たり入ってきたりするの?

ってことです。

 

熱の出入りがないってことは、断熱性能が高いことになります。

魔法瓶の中にいるようなイメージかなぁと思います。

冷房も暖房もその温度で保たれやすい環境になるってイメージです。

日本の8地区の中でも北海道基準が1番厳しいのですが

それをもクリアしちゃっています✨

赤丸の中の数値が九州だと0.87以下であればいいのですが

北海道だと0.46以下である必要があります。

なんと!!この物件の数値は0.39です✨

今まで計算した中であまりよくなくても0.49。

この数値は青森・岩手・秋田県の3地域の基準をクリアです。

私たちの家づくりでは

基準をクリアするために

基本仕様を変更したりはしていません。

あくまでも、どのお宅もこの性能なんです♪

それを紹介したかったんです✨

住んでいるお客様は

皆さん快適だと仰っていただいている声が

この数値で表されているってことです♪

 

来年は宿泊体感できる建物も予定しておりますので

お楽しみに★

 

福岡 注文住宅 漆喰とセルロース断熱の家

AJF HOME

Shiino