新着情報

2018年11月 記事一覧

2018.11.14

記憶に残る棟上げ

2018_11_09

私たちの次のホームとなる場所で

新事務所の上棟を行いました✨

 

ご近所の方へ今後のご挨拶と

今までお世話になっている家づくりにかかわってくださっている

職人さんや協力業者の方々に

まずはお披露目ということで

上棟式と餅まきを行いました。

 

朝のお神酒は樽酒から始まり、

工事の安全と会社の今後の発展を願い

さぁ作業開始です!

樽酒のお神酒は風味が良かった(笑)

 

上棟げの餅まきの餅は…

やっぱり餅つきから始めよう!

ということで、

新米を取り寄せ、多くの皆様のご協力のもと

1000袋程のお餅を作りました。

 

 

餅つきは体力勝負♪

今の地元の飯原校区の

もちつきベテランの方や

協力業者の方々、スタッフの家族の方々の協力のお陰で

スムーズに進みました。

蒸すタイミングはやっぱりベテランの方がいらっしゃったので

頼りになります~

若手のお陰で餅つきは順調でした。

お昼もおでんや豚汁を用意し、

青空の下、

みんなで一緒にご飯を食べる。

昔はこういった上棟をしていたんだろうな~

と平成最後の年に昭和感を味わいました。

無事に餅つきも終わったところで…

いよいよ上棟式&餅まきです。

 

私が建築に携わって20年弱の中で

上棟日に現場に上がったことはありませんでした。

今日は特別。

餅まきを経験することができました✨

今まで下で拾ったり、写真を撮ったりと

見上げる景色とは違って

上からの景色は

清々しくて、

景色がとても気持ちがよかったです。

 

 

その後は、

棟上げした現場でお神酒をふるまい

お祝いをさせて頂きました。

神奈川、沖縄からもお祝いに駆けつけて下さり、

今までにない、記憶に残る上棟げ

無事に行うことができたのも

今まで関わってくださった方々のお陰です。

そして、忙しい中で準備をしたスタッフにも

本当に感謝です。

私が入社した3年前までは

5人だった会社が今では11人。

その頃は新事務所が建つことを

考えてもいなかったですが、

新事務所の上棟げという時間を振り返り、

会社の発展継続を心に刻んだ時間でもありました。

 

今後も新事務所のレポートを致しますので

是非お楽しみに♪

Shiino

 

福岡・沖縄 注文住宅

漆喰とセルロース断熱の家

2018.11.12

須恵町旅石現地販売会開催!

先日の見学へのご来場ありがとうございました!

連日、たくさんのご来場をいただき、たくさんのお客様にajfの建てる住宅をご覧いただけたかなと思います!

 

今回は、三連休イベントのご案内です!

先日より情報をお伝えしておりました、須恵町旅石の造成が完成致しました!

そこで、11/23,24,25の三連休で現地販売会を開催致します!

どんな土地になったのかなーや、ちょっと興味あるなーという方はこの機会にぜひお越しください。

福岡 注文住宅  漆喰 セルロース

yamaguchi.

 

2018.11.10

沖縄モデルの小物制作!

いよいよ来週から沖縄モデルも漆喰工事とセルロース工事の開始です。

内部はセルロース工事が終わるともう完成は間近!

外部も漆喰が終わると足場の解体を残すのみと急ピッチに工事が進んでいます。

完成のタイミングに合わせて色々な仕上げ材が必要になりますが、

今回は制作モノの紹介!

準備したのは綿のロープを5mと大きめの鍋、ガスコンロ

 

 

その中に黒い液体を注いで、

 

 

グツグツ30分煮詰めると

 

 

 

白い綿のロープが麻のロープに変わりました。

手触りは綿の手触りで見た目は麻のロープ!

陰干しして乾燥すると出来上がりです。

黒い液体はコーヒーでこの方法をコーヒー染といいます。

このアイテムはどこに使うのでしょうかね?(笑)

 

更にこのアイテムには下の部材が必要です。

 

 

輪にロープを潜らせて完成です。

どこに使ったかはモデルルームでご確認を!

 

福岡と沖縄で漆喰とセルロースにこだわった注文住宅の会社!

 

 

 

 

 

2018.11.7

地鎮祭日和☀

こんにちは、コーディネーターのshigetomiです。

本日はY様邸地鎮祭でした。

秋晴れが清々しく、まさに地鎮祭日和☀

神主さんの祝詞奏上も澄んだ空に響き渡り、いつもに増して身の引き締まる思いで

安全祈願をさせて頂きました。

 

ちなみに、地鎮祭とは…土木関係や建築などで工事を始める前に行う儀式のことを示します。

工事を行うその土地の神様をお招きして、こちらの土地を利用させてもらうことの

許しを得る意味もあります。

 

 

今回のY様邸のインテリアのテーマは、

“Natural Woody Style”

木の存在感と温もりを感じさせる空間作りを思いながら

打合せをしてきました。

奥様のご実家の隣地に建築されるので、3世代が集まって団らん出来るよう、

カウンターからひと続きのダイニングテーブルをオーダーメイドで作ります(^^)

いよいよ本格始動!

完成が楽しみです🏠✨

 

 

福岡・沖縄 注文住宅

漆喰とセルロース断熱の家

AJF HOME

2018.11.3

沖縄モデルの小物をショッピング~

うちの住宅に似合う小物を探しにアンティークショップへ

当社でやっていたカフェの小物も色々お世話になった「振子 アンティークショップ」へ

フラリ立ち寄り店主の方とお話しているとお気に入りのものを発見!

 

 

 

 

 

 

玄関の正面に入れるステンドグラス 私が気に入ったのはどれでしょうか?

正解はモデルハウスにご来場ください。

 

更に更に奥に行くとまたまた怪しいモノが!

 

 

ただの木枠ですが私の中では枠なだけにワクワクが止まりません!(笑)

即購入!

出来上りをお楽しみに〜

 

まだまだ!

 

 

アンティークのドア!

 

大工さんが見たら何をやらせる気だと思うだろうな~

でも、沖縄にはないカタチを作りたいので大工さんは理解してくれるはず!

会う前にプチ告知をして明日からまた沖縄ですよ!

 

沖縄と福岡で漆喰とセルロースの注文住宅の会社 エージェイエフ!

 

2018.11.3

道具紹介「二番手の魂・はけ」

はけ

セルロースの二番手をやるにあたって最初に渡される専用の道具、はけ

別名「二番手の魂」

セルロースの作業には3人の施工員が必要になります。

三番手が混ぜ
一番手が吹き
そして二番手がサポートをする

サポートと言えど侮る事無かれ、二番手は仕事が沢山…!

柱についたセルロースの掃除(僕らは木掃除と呼んでいます)、床に落ちたセルロース集め、ローラーがけ、段取りに材料管理その他諸々…

重要なのはいかに一番手が吹きやすくする事!

セルロースは吹き付けた際、柱からモコモコっと飛び出るのですが、それをスクラバーというローラーを使ってこそぎ取り、柱のつらに合うようにピシッと仕立てます。

 

 

その際柱についたセルロースは、全部二番手が手で綺麗に拭き取り、手では難しい部分、例えば角や手が届かない部分はこの「はけ」を使って掃除していきます。これを木掃除と呼んでいます。

二番手は慣れていなければ、一番手についていくのに一苦労…ですが、このはけと自分の手を上手く使う事によって、ついていける速度は段違い!……だと僕は思っています笑

はけを上手く使う者は二番手を制す、と言っても過言ではないのかも。

その仕上がりがこちら。


セルロースは性能がいいのは勿論の事、仕上がりにもとことんこだわります。

美しさと性能を併せ持つ断熱材、セルロース。施行中でも施工後でも是非見学に来られてください。

はけを巧みに扱う二番手の姿が見られるかも!?
ちなみに僕は二番手の魂であるはけを一回機械の中に落としてしまった事があります。皆さんも気をつけましょうね

 

chan.sugi

断熱 自然素材 注文住宅 新築 リフォーム