新着情報

2018年7月 記事一覧

2018.7.28

【 漆喰 】塗り壁であるワケ vol,3

営業の 勝 伊智郎 です

建築の間違った常識として、「塗り壁は汚れやすい…」と思われています

正しくは、「なんちゃって商品の〝塗り壁風〟は汚れやすい…」です!

ヨーロッパの街並みをイメージすると分かりやすいのですが、美しい街並みが容易に頭に浮かびます!

でも美しさを保つために、外壁の洗浄をしているわけではないのです

【 ↑「加布里モデル」2F窓より見える、白壁の街並み… 】

では何故洗浄しなくても美しさを保てるのかは、漆喰 の 強アルカリ多孔質 の特性が下記2点です

① 殺菌作用 ※強アルカリで汚れを分解・浮かす

② 自浄作用 ※降雨時、多孔質の中を流れる水量により自ら汚れを落とす

と汚れにくい特性を自然に持っているのです

ちなみに、鳥インフルエンザ等 疫病が流行した際、車道等に散布される〝白い粉〟が漆喰と同じ原料の消石灰で、強アルカリの性質により、強い殺菌作用を持ちます

塗料でも同じような特性の建材として 光触媒 があります

光触媒の性質を簡単に説明すると、①紫外線で分解 ②親水性で自浄 はするのですが、どうしても紫外線劣化がつきものです

この自然の自浄作用を発揮するためには、次の2点が大事になります

① 正しい材料 ※本物の自然素材で静電気を帯びない

② 正しい施工 ※一定以上の厚みをもたす

【 ↑ AJF 会社の外壁は、4年前にリフォームで土壁の上から塗り替えましたが、4年たった今でも、美しい白さを保ってます 】

つまり、

本物の漆喰 で 正しい施工 をすれば、塗り壁は汚れにくいのです

ただ、汚れないワケではないので、住宅のプロとして、

「汚れの付きにくい建築の工夫」は随所にありますが、それはまた次の機会に…

次回は「塗り壁は割れやすい…」について

これも先に言っておくと、

「割れは下地の作り方次第しだい…」

なんでもそうですが、表面だけでなく中身が大事なんです…

 

 

 

2018.4.21

棟上の思い出!

私は長崎県の壱岐という島で生まれ育ちました。

父は何代も続く漁師で大きくなったら私も漁師になって親の跡を継ぐのだろうと思って

いましたので、今が住宅会社を経営しているのは不思議と思う同郷の方も多いと思います。

私の家族は4人で町営の団地暮らしで冗談でも裕福という環境ではありませんでしたが、

35年前の壱岐は漁も盛んで、友達の自宅もドンドン新築の家になっていきました。

棟上の時は、豪勢な料理が出たり、棟が上がると近所の方が集まっての餅まき!

楽しかったな ~ ~

その思い出が今も残っていて、棟上の前日からワクワク♪ ワクワク♪

 

 

しかし、今の福岡では殆どの新築住宅が棟上での餅まきもなく、

それを工務店も大工さんも当たり前になってしまっています。

そんな建設業界が未来の子供たちに夢「マイホーム購入」を見せる事ができるのでしょうか?

職人さんってカッコいい憧れの仕事を夢というカタチで子供たちに残していけるように

私達 工務店は上棟式や餅まきといった受け継がれてきた伝統も

職人の技術と共に継承していけたらいいなと思います。

明日は上棟式で餅まき!

楽しみだ! ワクワク♬ ワクワク♬

 

2017.9.21

SUUMO注文住宅に掲載しました。

9月23日(土)発売のSUUMO注文住宅で、AJF HOMEのフレンチスタイルな住まいを

紹介しています。(→P258、259)

弊社のこだわりのひとつ!オーダーメイドの家具の紹介もしていますので、是非ご覧になって

下さい。

また、毎月第1、3火曜日に無料の風水セミナーもショールームにて開催しておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

※風水セミナーはご予約制となっております。下記までお電話下さい。

TEL.092-834-3300