新着情報

2018年8月 記事一覧

2018.8.16

~家づくり通信~Vol,3-1【お金のこと】

家づくり通信も3回目です!

yamaguchiです。

今回は【お金のこと】を少しずつお伝えしていければと思います。

お家を建てるにあたってみなさん気になるところはやっぱり”お金’’かな?と思います。

土地+建物=住宅の資金とお考えの方も多いかと思いますが、実はそれ以外にもお金ってかかってくるんですよね~

例えば、銀行融資の経費や土地購入時の解体・造成費用、あとは土地や建物を登記する費用や引越し、家具・家電の購入費用なんかもかかってきますね。

土地の値段や建物の大きさによっても変わってきますが、大体土地+建物の購入費用の3~5%位が諸経費として必要になってきます。

建売住宅でも同じようにかかってくる費用もあるのでご購入を検討されている方は、販売価格+3~5%を想像しておいた方がいいかと思います。

あとは、住宅の購入はほとんどの方が生きてるうちに1回しか行わないと思いますし、金額も見たことのない額になると思います。(笑)

なので、総額で考えてしまうとどんどんテンションが下がってしまいます(笑)

そこで、僕たちからのご提案として…

今、住宅を購入される方の9割以上は住宅ローンをご利用になられると思いますので、【月々の支払い】から検討してみてはいかがでしょう?ということです!

今のお家賃+いくらまで支払えるのか

光熱費の考え方

ランニングコスト

を踏まえてお金の計画を立てていきましょう!ということですね。

AJFhomeは、トータルバランスを考えた無理のない【お家づくり】をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

今週末8/19(日)は当社の糸島モデルハウスにて無料の相談会も開催しますよ!

是非ご来場お待ちしております。

次回も、【お金のこと】住宅ローンや、[借りれる額]、[払える額]について書いていきます。

yamaguchi

 

2018.8.9

~家づくり通信~Vol,2【土地のこと】

恒例?の~家づくり通信~やっとVol,2です(笑)

…更新できてませんでした。すいません…yamaguchiです。

前回は【お家づくりの始め方】についてお話させて頂いたので、今回は【土地のこと】についてお話出来ればと思います。

なぜ、2回目が【土地】なのかというと…土地がないと家が建てれないんです!

現在、住宅を検討される方の8割は土地から検討をされている状況なのですが、いくら気に行った住宅会社、ぴったりの建物に出会っても土地がないと建築ができません。

そこで、今回は【土地のこと】で土地を探すポイントについてお話させていただきます。

マイホームが欲しいな…と思い始めた方で土地を探そう!と思われた皆さんが気になるところ…

場所、値段、広さ、交通アクセス、周辺環境…などですよね。

はい、全部揃った土地は、残念ながらなかなかありません…

もしあれば奇跡に近いので即買いです!(笑)

土地の価格は高騰していますし、人気エリアをインターネットに出る前に売れてしまう状況です。

そんな中でも、良い土地に出会う方法は、①優先順位をつけて探す②不動産屋さん、住宅会社を訪ねてみる③ドライブ!

です。説明させて頂くと、

①優先順位をつけて探す

さきほど、お伝えした通りなかなか100点の土地はないのが現状です。

そこで、土地に[求めること]を書き出してみてその中で、絶対に譲れないものを決めましょう!て、ことですね。

値段なのか場所なのか、金額なのか、はたまた環境か…優先順位を1~5番くらいまで付けて妥協出来るところを探して行きましょう!てことですね!

②不動産屋さん、住宅会社に尋ねてみる

これは、説明不要かもしれませんが、業者さんによっては、紙面に出していない情報、インターネットに掲載される前の情報を持っている場合があります。

また、住宅会社さんは、仲の良い不動産屋さんから上記の様な情報が回ってきたり、自社で土地を購入しているところがあったりするので、ねらい目です!当社もありますよ!未公開情報(笑)

③ドライブ!

これが、実は意外といいです(笑)

自分が欲しい場所の周辺をぐる~っとドライブすると意外と[売地]の看板や、[売家]の看板を見つけることができますよ!

看板が〔売家]になってても建物の程度によっては[更地渡し]とかもあるので、問合せてみるのがお勧めです!!

また、欲しいエリアをドライブすると病院や、郵便局、スーパーなどの周辺環境の再確認や新たな発見にも繋がるので「やっぱりこの辺まで離れても大丈夫そう」や「もう少しこっちのエリアでも…」とかも出てきやすいです(^^)

[土地探しドライブ]おすすめしますよ~(笑)

次回は、【お金のこと】について書いていこうかと思います。

お金のところは何回かに分けてお伝えできればと思っおりますので、是非ごらん下さい!

最後に【おすすめ土地情報】です

早良区賀茂二丁目 49坪 角地 で新着土地情報あります!!

角地で高低差もなくなんと野芥駅まで徒歩5分!

気になる方はこちらまで→ (https://www.f-takken.com/?nmd=4021&b=98692034&flg=1)

2018.8.7

【漆喰】塗り壁であるワケ vol,4

営業の 勝 伊智郎 です!

一般的に「塗り壁は割れる…」と言われてます

たしかに、割れない塗り壁はありませんし

たまに営業の方の言う、

「うちの塗り壁は割れません..」は、正直「んっ?」と思ってしまいます

ただ、割れにくい塗り壁材!割れにくい施工方法!はあります

そして、塗り壁の素材そのものはもちろん大事なんですが、

仕上げで隠れてしまう、下地の作り方が重要です

専門的な話しになってしまいますが、

① プラスターボードボードの貼り方!割り方!

② ボードを止めるビスのピッチ!

③ 継ぎ手や入角、コーナーの処理!

これだけではないのですが、見えなくても下地作りが重要なのです

特に職人さん達は下地作りの際から、キワの処理に気を使ってます

「汚れない・割れない塗り壁はない!」

とは言いましたが、塗り壁のもう一つの特徴として、

「 汚れや割れ・ヒビの補修が簡単!」

先ず、室内の汚れ!

室内の汚れでよく目にするのは、

① 電気スイッチ周りの手あか…

② お子さんが小さいうちは、壁にズ~ど引きずった指の跡..

などがありがちですが、大概の汚れは、

「 消しゴム 」で対応できます!

消しゴムでゴシゴシしてもらうだけです

次に、ひび割れやピンの穴!

これも簡単で、少量の漆喰の粉と水を混ぜてもらいます、イメージは紙粘土を作る感じです

これを、ひび割れやピン穴に練り込むだけの、簡単作業です

乾燥すると全く分からなくなります

自分たちでやってみると意外と楽しいモンです!

では次回、

塗り壁もいろいろある中で、

漆喰!珪藻土!ゼオライト!etc…

それぞれの違いと特性について…

 

 

 

 

2018.8.3

のどが渇いた~『 鳥兆 』へGo!

今週の水曜日に倉庫整理で一日中、棚を作ったり材料を移動させたり

汗だくだくになりながら、奮闘して倉庫整理もあと少し!

あ~ビールが飲みたい!焼き鳥が食べたい!ってな事で

福岡市早良区 原にある『 鳥兆 』へ仕事の仲間とレッツゴー!

久々に行きましたが、やっぱ美味しい(^^♪

僕のおすすめは、カンパチ刺しとマルチョウです!(^^)!

お店の方も元気いっぱいで雰囲気も良く、お客さんも満席状態!!

自然とお酒も進み、会話も弾み、楽しい時間を過ごしました~( ^)o(^ )

 

・・・・nakayama・・・・

福岡の注文住宅、新築、戸建てはフレンチスタイルのAJF HOME

 

 

 

2018.7.20

【 漆喰 】塗り壁であるワケ vol,2

営業の 勝 伊智郎 です!

前回、高温多湿な九州の「家づくり!」には〝湿度〟対策が不可欠だと書きました

なぜなら、住宅の一番の敵は〝湿度〟なのです

簡単いうと住宅劣化の段階、カビ・コケ・腐食・シロアリ…すべて〝湿度〟が根本的原因です

特に怖いのが、これからの季節に起こる『 夏の逆転結露 』!

 

『 夏の逆転結露 』という言葉を聞いたことがありますか?

〝結露〟というと冬、特に窓ガラスが…というイメージですが

実は夏場にも結露は発生しています

夏の高温多湿な空気が壁の中に留まり、室内がエアコンで冷やされることで、露点が壁の中に発生します

つまり、冬の結露とは違い、夏の結露は壁の中で見えないのです

見えない壁の中で、住宅の要である柱を徐々に腐らせてしまうのです

この現象も建材が進歩する中で、〝湿度〟を考えず、不用意に気密をあげてしまったことも原因の一つと言えます

だからこそ「いい家づくり!」には、呼吸する壁 塗り壁 が最適だと考えます

 

もちろん、塗り壁だけで結露防止になるわけではありません

住宅性能で言えば一般に、

☆窓 50%  ☆断熱材 30% ☆換気 10% ☆その他 10% と言われるように、複合的に考えないとホントの「いい家!」にはなりえないのです

それでの、住宅の約 70% を占める壁が、呼吸する素材と構造であることが。「ホントのいい家づくり!」には重要なポイントとなります

次回は、

「 塗り壁は 汚れやすい… 」「ヒビが入る… 」等々メンテナンスについて…

先に言ってしまいますが、

「 塗り壁が汚れやすい… 」はウソです…

 

 

 

 

 

2018.6.12

便利なものシリーズ『魔法の手』

住宅部の椎野です。

便利なものを紹介するシリーズの第1弾です!!

 

仕事柄、物のサイズが気になります。

そして、建築は色々な単位がありますよね~

『坪』とか『平米』とか『メートル』とか『帖』とか。

その中でも長さを測るときは

『ミリ』で表現することが多いです。

私たちはそれが当たり前ですが

お客様は少し抵抗がありますよね。

単位の話はさておき、

今回の便利なものの紹介は・・・

 

『魔法の手』です✋

 

何かを測りたいときに、

いつもメジャーを持っているわけではないので

大まかに測れる便利なもの…

それが『自分の手』なんです。

手のひらを大聞く開いて

親指から小指までの長さをはかります。

ちなみに、私のサイズは18センチでした。

(↓小さめですかねっ)

大人の手で20センチ前後の方が多いと思います。

これがいくつあるかで大まかなサイズが測れちゃうんです!

テーブルや椅子、棚とかのサイズを

急に図りたいときに魔法の手が登場します。

お客様との打合せが始まると、

必ず家具やソファーや家電など

大きさの話になります。

大まかのサイズを知りたいときの為に

ぜひ、自分の『魔法の手』のサイズを測ってみてください♪